アンの日記 IKIGAI la raison d’etre 生き甲斐 たまたまフランスで見た絵の中にこのワードがあって、なんか哲学的!とか思っちゃっただけです。

生きることはlost&foundの連続!? やった、人生折り返し点過ぎたし!今話題のアラ50クライシス!?なんてなんのその、のんびり生きてるシングル・時々リモート介護のわたくしの私的ダイアリー&奮闘記です。やっほ~~(^^)/

日記、久しぶり過ぎだけど取り敢えず投稿(^-^;

本当に久しぶり過ぎですが、

みなさま、こんにちは。ぺこ _(._.)_

 

季節の変わり目と、怠惰故にちゃんと料理せず栄養不足となり、風邪と気管支炎にかかったり、Amazonプライム1ヶ月だけ会員になり、無料映画・ドラマ見放題にはまったり、老父の様子見の為、故郷訪問したりと、何かと何かと色々やっておりました。。。。(^-^;

早や、1ヶ月半ほど経ちましたでしょうか。

 

北の大地の、山桜をのぞむ景色は本当に本当に美しくて、天国のような眺めでした。

写真もないし、本物の素晴らしさを伝える写真も撮れないので、なんとも残念ですけど。

 f:id:anneneville:20190526095749j:plain

 前項で”天国みたい!”と思った桜の写真とは別ですけど。

 

到着してすぐに食べたご当地塩ラーメン!美味しかったです。(∩´∀`)∩

玉葱がとてもよく、効いておりました。

 

f:id:anneneville:20190526100112j:plain

 塩ラーメン、これで¥850って、お得過ぎないですか!?

 

amazonプライム映画見放題!

amazonに関しては、日本において納税している!納税していない!と、正直、わたしの検索力では真実はわかりませんが、やはり映画・ドラマ好きにとって月400円ぽっきりで見放題は本当に本当にありがたいのです。 (=゚ω゚)

 

。。。。と、言っている間に月会員は¥500に羽根上がってしまいました。(>_<)

 

f:id:anneneville:20190526101922j:plain

 

ずっと見たかったドラマ、ダウントンアビー!

第一次世界大戦の前後を挟んだ時代の、イギリスの固定していた社会身分制度が大きく揺り動いた時期を、貴族・支配階級と労働者階級の様子をみごとに、物語として再現して、見せてくれています! (=゚ω゚)

いまなら、この先もかもしれないですけど、ダウントンアビー全エピソードが無料で視聴できます。

 

その時、取り敢えず自由になる時間はあったので、ドラマに集中したく、食生活もそこそこにしてさぼっていたら、案の定、早速、気管支炎にかかってしまいました。

実は、並行して慣れないベビーシッターもやっていたのですが、看ていたのが、まだ1歳にならない子やら、1歳半くらいの小っちゃい子たちばかり。

 

そのくらいの子たちって驚くくらい簡単に風邪らしきものをひいている。

鼻水をぐすぐすいわせていたからね。

 

本当に赤ん坊って免疫力が低いのですね。 (*_*)

多分、風邪ウイルスはそこから貰ったのだと思います。

そんな免疫力激低の子供らをみて、ほんと、人間の子供育てるのって、大変だわっ(>_<) と、しみじみ感じるのでした。

 

昔はね、わたしはド田舎育ちってのもありましたから、けっこう放っておかれていた。

親は農作業など、仕事忙しくて、現代の都会の子供たちと違って、いちいち行動に制限かけられるような事は、なかった。

そんな中で、何かの犠牲になり早死にする子供も大勢いたのでしょうね。

 

f:id:anneneville:20190526105742j:plain四月初めに家のそばで取ってきた蕗。

関東でよく出回っている青蕗とは違うけれど、若いせいかとてもやわらかくて美味しかったです。(^_^)/ 

 

 

老父、相変わらず頑張っていて、われわれ姉妹に要求ばかりして、自分はいっこうに何も差し出そうとしないので、姉妹は対決姿勢を崩さず、です。

もっと年寄りらしく、全て管理もまかせるだの何だのと、お願いされれば、こちらの態度も変わってくるとは思うのですが。

 

ご近所はもちろん、お役所もこの状態を知っているので、現状維持で、ヘルパーさんに来てもらいつつ、なんとか頑張っております。

 

ところで最近、都会で生活していて感じること。

とにかく外国人が多い!

本当に多いです。

 

わたしの生活している区域にもしかしたら特に多いということなのかもしれませんが、多分、この国全体的に増えているのだと思います。

まるでじわりじわりと浸食されているかのように感じてしまいます。

 

先週、仕事で東京へ行きました。

渋谷のお宅訪問だったのですが、住宅街だった為、帰りの道は渋谷駅が分かり辛く、途中二人くらい、歩行者に声をかけ、渋谷駅への道を尋ねたのですが、

偶然にもお二人とも、外国人の若い女性。

 

東京近辺の大都市には、今、地方からの一極集中と外国人の集中もあいまって、人口に対しての、一人当たりの必要なパーソナルスペースや住居が追い付かない状態では!?

 

ま、わたしも地方から来ているくちですが、もう35年以上も前の話で、東京だってまだまだ、今と比べたら、こんなに膨れ上がっていなかった。

 

必要なパーソナルスペースが小さくなれば小さくなるほど、世の中のギスギス度は更に増してゆくのでしょうね。 (´・ω・`)

 

1週間くらい前だけれど、川周辺を散策していたら、なんと鴨?の親子を発見!!

これまでに”つがい”ならいくらでも見たのですが、赤ちゃん鳥を引き連れた母親を見たのは初めてで、大変に感動しました。

 

f:id:anneneville:20190526111005j:plain iPhoneで撮ったものだから、見難いと思うけど。鴨?の親子です。

 

 暑くなってきました。

外歩くときは充分に気を付けてくださいね。

そして、犬・猫たちと一緒にお住まいの方、ペットたちにも充分、気を付けてくださいませ。

 

 わたしも姉の処のわんこの為に、冷やしシートが欲しいのですが、どれが良いのか、なんとも判断つかずで。 (-ω-)

 

終わります。

 

 

 

 

 

えっ、わたしが選挙のウグイス嬢!?1日体験記(=゚ω゚)

みなさま、こんにちはっ! (^^)

選挙シーズンも酣ですね。

期日前投票は、もう済ませましたでしょうか?

せっかくのお手元の一票ですから、無駄になさらないよう、ご自身の”これだっ”と決めた候補者への一票をご投じ下さい。

 

なんて、言いつつですね、あまり政治に期待してなんかいないんですけどね。(´-ω-`)

なので、今回の一票は、個人的にお世話になった方の為に使おうかな、、、なんて思っております。

 f:id:anneneville:20190403130755j:plain

今回の写真と内容は一切関係ありません。

カレーファンにはたまらない "もうやんカレー" というお店の池袋店に入ってみましたので、その時の写真です。(^^)/

 

そうそう、件のウグイス嬢ですが、別に「1日体験しませんか?」と言われてやったわけではなくて、普通にアルバイトとして、賃金をいただいてやってきました。

普通にwebで応募しました。

募集を見た時、稼働日も近づいていて、こんなおばあちゃんで、未経験のわたしなので、まあ、普通に採用無しでしょうと思って、軽い気持ちで応募してみました。

 

職務には守秘義務がありますので、詳しい事は書きませんが、差し支えない箇所を、自分の体験談として一部を書いておこうと思います。

 

f:id:anneneville:20190403131003j:plain基本この一皿しか使えないので、もう最初っから色々と載っけました。(^-^;

チャプチェ、キャロットラペ、牛蒡サラダ、ピラフ、ターメリックライス、牛筋カレー、タンドリーチキン、オクラ、など、大好きな物満載です。(^^)/ 

 

最初にもう、ぶっちゃけ(死語!?)な感想を言わせていただきますと、思ったよりは、ナントカやることが出来ました!

思ったよりは、体力的にキツくなかったです。

いやあ、練習が、けっこうキツく感じたものでしてえ~~(^-^;

 

それに拘束時間が長く、選挙活動のできる8時から20時までと12時間あり、その上にわたしは隣の市からの参加だったので、4時台に目覚めなければいけず、(*_*) 朝早いのなんのって。。。。

 

スパルタ式!?の練習に感じましたが、今、仕事終了後、冷静になって考えれば、スピーチの練習は自分がお金を払って受ける場合だってあるるし、一つ市を超えての仕事だったので練習日の交通費も出していただいたし、かなり良心的、というか、若者でもない年配の初心者にちゃんとお金のいただける仕事させてもらえた!と謙虚な気持ちになった方が良いでしょう。(^-^;

 

てか、日本、やはり若者不足、なのですよ。。。。

敢えて、人手不足、とは言わず。(>_<)

 

 

web応募の翌々日くらいに携帯に着信があり、電話での聞き取り、事務所での面談後、2回の各2時間程度の練習を経て、本番とあいなりました。

わたしが参加したのは選挙運動4日目の日。

 

選挙カーと伴走車の2台での活動です。

f:id:anneneville:20190403131103j:plain もうやんカレー 池袋店の表看板。

ただものの店ではなさそう感、大いに漂う。。。。(^^)/

 

わたしは街宣用の小さなワゴン車に、ドライバーさん、ドライバーを先導及び街宣全体的なリーダーのおじさん(年齢的にはおじいさん)、そして既にもう初日からメインウグイス嬢として稼働していらっしゃる、わたしの半分くらいの年齢のお嬢さんと一緒に4人で乗りました。

 

そのお若いウグイス嬢さんは、どのくらいのキャリアかは聞きませんでしたが、上手かったです。

 

なんていうか、心に語りかけられているような、話し方。

 

こうなると他の街宣車のウグイスも気になりますので、よく、聞いていたのですが、比べてみても上手い方だと思います。

 

しかしその方も、発声に関わる歌や声優などの仕事でも何でもなく、普段は接客業のお仕事をされていて選挙の時だけウグイスのお仕事をされる、とのこと。

 

実際、ボランティアさんたちが色々と手伝っておりましたので、あまり、上手い訳でもないな、と思った街宣車は、ボランティアさんかもしれません。

 

同乗したお若いウグイス嬢さんの上手いスピーチを聞くにつれ、お金をもらうって事は、このくらい上手くないといけないのだろうなあ~~(^-^;

なんて気持ちになりました。

 

何故って、他には奉仕でウグイスをやっているボランティアさんもいて、わたしはお金をもらっていて、その奉仕の方より、上手くできた、とは言えないからです。(*_*;

 

トイレ休憩やふつうの休憩時間も多くあり、おやつ買っていただいたりして、実際、練習で事務所へ通ったときに比べると、非常に待遇良く感じました。

 

短時間だったけど、むしろ練習がきつかったです。(''ω'')

 

いや、そのきつい練習を経ないと、本番へこぎつける事はできなかったのかもしれません。

 

支援スタッフの方々もやはりシニアの方が多く、気持ち良い態度で接していただいきましたし。

 f:id:anneneville:20190403131200j:plain

またまたチャプチェ、焼きうどん、タンドリーチキン、牛蒡サラダ、オクラ、好きなもの満載

 

スクリプトはもちろんちゃんとありますが、実際に本番になると臨機応変に車で廻る場所によって、話す内容を変える必要があるので、自分なりのスクリプトが必要だな、と感じました。

もちろん、もう一人のお若いウグイスさんは、ちゃんとご自分仕様のスクリプトを用意してありましたよ。

実際に現場に投げ込まれてみると、前もって聞いていたことだけでは足りない前準備が、けっこうある事がわかります。

でもやっぱり、こればっかりは、一度体験してみないとね~~(>_<)なんて、言い訳するわたくし。

本番まであまり日にちがなく、他の仕事がみっちりと入っていたし。。。

 

集合時間や拘束時間を考えると、時給換算ではむしろ安い仕事です。

 

なのでお金本位に考えた場合はお薦めできません。(>_<)

 

しかし、ちょっとでも、このお仕事に興味のある方は、もし募集の記事をみつけたならば、ためらわずにご応募する事をお薦めいたします。

 

未経験でも、もしかしたら、採用される事があるかもしれませんから!!

 f:id:anneneville:20190403131304j:plain

 このお店大好きだけど、我が町にはなく、東京まで行った時ではないと行けないのが、甚だザムネン。。。(;_:)

 

あ、最後に何故1日だけだったかというと、本当は2日間の予定だったのですが、結局後から、ベテランさんがウグイスに入れるという事になったので、わたしは1日で終わってしまいました。

 

ほっ (^-^; としたような、がっかりしたような。。。

多分、ビビりで怠け者のわたしのことだ、ほっ、とした気持ちが強かったのです。www

 

そうだ!

車の中からは窓を開けて活動しますので、寒さ・暑さ対策は充分にしないといけません。

窓を開けていると、こんなに風が入り込んできて、寒いとは思いませんでした。ふだん、車に乗るということがほぼほぼないので、直面して驚きました。

風邪をひき易い自分なので、よくあの冷たい風にめげなかったと、思います。

 

そして最後に。。。。やはりあの選挙カーのウグイスって、ふつうにウルサイですよね。(^-^;

嫌いな方は大勢いらっしゃると思います。

実はわたしもその1人。

悪い耳が、もっと悪くなりそう、と思います。

 

自分の本音としては、騒がしさは除去すべきだ、と思っている自分が、こういう仕事をしたのは何故なのか!?と思いますが、単純にやってみたかった、からだと思います。

 

昨日を糧にして、臆病な旅人は今日も行く、のだ!

 

それでは皆様、花冷えの昨今、お体に気を付けて、

桜でも愛でて下さいまし。(^^)/

 

 もうやんカレー、超押しです。是非、カレーだけではなく、お店ごと楽しんで来て下さい(^^)/

www.moyan.jp

 

お~~、ベルギー!!

 こんにちは~~ (^^)/

 

↓ の、cenecioさまのブログを読んでいたら、猛烈に粉物やお芋が食べたくなり、かつ、ベルギーについて何か書きたくなってしまいました。。。 

 

cenecio.hatenablog.com

 

ま、わたくしは ↑ のcenecioさまのように、深い考察のある文章は、全く書けないのですがフリット(揚げ芋)愛とか読んでいると、わたしも色々と思い出が浮かんできてしまいまして、ただいましこしことタイピング中であります。 (=゚ω゚)

 

と、言っても、わたくしはcenecioさまのやうに彼の地に住み、暮らした事もなく、本当に偶然に訪れることになった事がきっかけで、ベルギーという国を初めて知ったのです。

 

初めてブリュッセルという都会に降り立ったときに、なんていうか、多民族な大都市に、島国育ちなわたしは大きく戸惑い、しばらくは何するにも1歩も10歩もひいたような気持ちで行動しておりましたわっww

 

今も似たようなものですが (^-^;

 

ところで件のフリットに関してですが、おじゃが大好きなわたくしではありますが、なんか、ついつい食べないですね~~。 (^-^;

やはりね、理由が、ちょっぴりお高い、からだと思います。

いや、それは高い訳ではなく、適正価格なのですよ。しかししかし、デフレ・誰をも幸福にしない日本の激安競争価格にどっぷりと浸かりきったわたしにしてみれば、ベルギーで芋1つ食べるにしても、お高いのですよ。

cenecioさんのブログより引用 ↓

フリットとエビのクリームコロッケ(右)とビール(ステラアルトワは安い)で13.50€、約1700円。(1€126円で計算。コロッケだけで730円くらい、フリットが600円くらい)。

コロッケで730円!? (゜_゜)

何ですか、それ!? 高級食材でも混入されてるわけですか??

エビのクリームコロッケってわたしも大好物ですが、日本のスーパーじゃ、まあ、150円も出せば買えますよね!もちろん品質そのものが違うのでしょうが。。。

 

でもこのフリットそのものは、日本で600円じゃ、買えないでしょう!!これは普通にお値打ちものですね。

高くなかったよ。。。 (゜_゜)

 

さすが、米語でフレンチフライの語源となった国がお作りになった揚げ芋のクオリティです。

普通に日本では、こういう美味しい揚げ芋を食べる事は、まず、出来ないと思います。

 

f:id:anneneville:20190322160435j:plain

ご家庭のステーキとフリッツ

 

 これは何年か前に友人宅を訪れた時に、普段料理を全くしないお方が、おもてなしで作ってくださった、ステーキとフリッツ。

確かにお家にはフリッツ専用という円いお鍋が置いてありました。それで作ってくださった、フリッツです。

まあ、冷凍ものを揚げて下さったのですけどね(^-^;

 

わたしも揚げじゃがが大好きですが、大量の熱した油恐怖症なので(^-^; とにかく臆病なので、じゃが芋をつぶして、フライパンに薄く油をひいて焼くだけにとどめております。

 

ベルギーの事、何か書こうと、思っていたのに、何故にこんな揚げ芋の話ばかりになってしまったのか。 (゜_゜)

 

今回は、といっても2018ですけど、だいたいブリュッセルの中心街にある、ユダヤ博物館というところへ行ってまいりました。

 

f:id:anneneville:20190324095602j:plain

 

このアーミーポリスが立っているのが、めちゃ暗くてわかりにくい写真だけれど、ブリュッセルユダヤ博物館です。

 

ここも、あてどもなく1人歩いていて、みつけて、”ユダヤ博物館!?めちゃ珍しくない!?”と思い、ひょっこり入ってみたのでした。

で、ずいぶん厳戒かつ厳重な警戒だな?と思ってみたら、なんと、すでにテロにあっていたのですね。

www.cnn.co.jp

 

 やっぱりね、ですよね。

多民族のひしめく大都市ブリュッセルですから、こういう事件の一つや二つやは、既に起こっていておかしくないのです。

 

 

入館した時に、空港で出発ロビーの搭乗ゲートくぐる時みたいなセンサーがとりつけてあったりして、やけに厳めしいなっ (>_<) とか思っていたのよね。

でもパリやブリュッセルの美術館など大きな観光施設ならどこも今は普通にあるのでしょうね。

いやっ、その前年にマグリット美術館訪れた時は、そんなのはなかった気がする。


やはり、厳めしいよ、ここは。


で、中に入ると、新しく清潔で静逸な空間にきちんと折り目正しく、ユダヤの宗教儀式で使う物や、シナゴーグのミニチュア、等いろいろなものが展示されておりました。

高校生かな、若い学生さんたちも、授業の一巻なのか見学しておりました。

f:id:anneneville:20190324102538j:plain

ユダヤ博物館内部

1階受付を通って、2階と3階に常設の展示があるコンパクトな博物館ですが、また1階受付から中庭を通って別な建物へ向かうとそこは定期的展示物の変わる 別館でした。

f:id:anneneville:20190324105511j:plain

ユダヤ博物館の中庭

 

 レオナード・フリードLeonard Freedという1929年ニューヨーク生まれのユダヤ系米国人ジャーナリストの展示をやっておりました。

わたしはもちろん全く知らない人だけれど、充実した展示だったのでじっくりとみてきました。

ロサンゼルス生まれの日系米国人Tajiri Shinkichiという彫刻家とも親交があったようです。

このShinkichiさんという方は、日系人というだけで、特に日本とは縁がある感じでは無い印象。

f:id:anneneville:20190324114109j:plain

日系アメリカ人彫刻家 Shinkichi Tajiri

f:id:anneneville:20190324115026j:plain

1964年のバルチモア。多くの市民に歓迎されるマルチン・ルーサー・キング・ジュニア

f:id:anneneville:20190324115259j:plain

NYで映画”アマチュア”撮影中のイザベル・ユペール

あらっ!と思ったのは、往年の名女優イザベル・ユペールの映画撮影中の取材写真、なんてのがあり、ユダヤ民族の歴史を追ったり、犯罪現場の写真ばかりではなく、広くマスコミの世界でも活躍した写真家さんだったのね。

 

いやあ、展示会に脚を運んでみるって、良いですね。

 

ちゃんと目的持って、出掛けたわけではなく、あてどもなくなんとは無しに歩いていて、巡り合うって、なかなか良いものだ!と思いました。

f:id:anneneville:20190324122007j:plain

ブリュッセルユダヤ博物館

 

臆病な旅人は、またあてども無く何処かを歩き回るのでしょう。

(^^)/

臆病な旅人ー 旅の思い出 バイヨンヌ2018 11月その2

はい、こんにちは~~(^^)/ バイヨンヌ旅日記のその2ですよ。

去年の11月の話を延々と今頃しているわたくし。。。。

 

フランスのイオン的な?スーパーマーケット、カルフールでは生ハムをベルギーの友人宅へお土産に買いました。

f:id:anneneville:20190310113702j:plain

こ洒落たショッピングエリアにある生ハム屋さん

こういうすてきな専門店では、外からじ~~っと見るだけで、買いませんでした。

(>_<)

まあ、やはりお値段の問題と、こういうお店に入る勇気がないのです。

なんかお店に入るのにいちいち、わたしって、勇気が要るのですよね。

何か高級でお金持ちのイメージ。自分は普段使いじゃない、、、ような。

 

 

外国で見つける日本

もう一つの大きなカルフールは大きな幹線道路沿いなので、そこまでの徒歩の旅も、なんだかつまらないのでした。

 

でも、ひとつ、こんなものをみつけた。

f:id:anneneville:20190310114133j:plain

夢!?なんじゃ、いきなり(=゚ω゚)

確かYAMAHAバイクショップだったと思う。

う~~む、日本の誇っていた、いや今も誇っているであろうオートバイの技術はフランス人に夢を与えるのか!!

 

なんか、ちょっと嬉しいような。(*‘∀‘)

しかしバイクに関しては、全くの門外漢なので、実感湧きませんがな (^-^;

 

こんなものも見つけたな。

f:id:anneneville:20190310114832j:plain

大きなショッピングモールに入っているカルフールでみつけた。

家計簿は、わたしは全くつけていないし、つけなくてもコントロール出来ているつもりなので、縁遠いです。

家計簿って、外貨獲得できるほどの、日本の主要コンテンツだったっけ!?

 

まあ、これはフランス人?ていうか、日本の家計簿からヒントを得て、外国の人が作ったノートなのでしょうけど。

 

大統領も応援! テニスの試合

 

ホテルではなんとなくラベルで選んだ、赤ワイン飲みながら、テレビ見てごろごろしておりました。

 

名前はきいたことある、くらいなダヴィカップなる、テニスの大会が中継されておりました。

どうやら男性テニスのチームによる大会だそうです。

 

ja.wikipedia.org

f:id:anneneville:20190310120810j:plain

負け試合だったが健闘を讃える

確か80年代?に活躍した、テニス選手、ヤニック・ノアがフランスチームのキャプテンやってました。

対するクロアチアにバンバン負けていました。

クロアチアは女性の大統領まで出て来て応援、盛り上がってましたから。

 

f:id:anneneville:20190310121609j:plain

コリンダ・グラバル=キタロヴィッチはクロアチアで初の女性大統領

テニスの試合なんて、真夜中とかだし、メッタに見ないのだけれど。

外国行くと、テレビも楽しみ!

いつもと違うものを見ることが出来る。

 

悲報 エスパドリーユ (>_<)

どうやらこの地方ではエスパドリーユという履物も名産らしい。

カンバス地や木綿で作られ、靴底はジュート縄で出来ているピレネー山脈に起源を持つ履物、なのだが。。。。

頑張って履いてみましたが、全然合いませんでした。

自分て典型的アジア人の偏平足なのだな。。。。と改めて実感。

別に偏平足に文句はないのだけれど、人種的な要素な為に、靴を選ぶことが出来ない!!という経験を珍しくしてしまいました。

お店の人も、なんだか同情気味な様子でしたけど。。。 (´-ω-`)

f:id:anneneville:20190310123120j:plain

確かに細長過ぎる。。。エスパドリーユ

写真はwikiより。

中国人観光客の為に、似非エスパドリーユ作ったりしないのかしら。。。(^^;

 

世は情

 

実は、帰りのバスに乗るまでの時間、ホテルに荷物を預けて、街をまたうろうろしていたのですが、これが困った事に、荷物はホテルの従業員しか入る事の出来ないしっかり鍵のかかった部屋に預けられた、は、良いのですけれど、なんといつもと違ってレセプションの人はいつもの時間に来ない!のでした。

 

さあ、どうしよう、バッグが取り出せない!! (゜_゜)

バスの時間は迫ってくる。

 

ホテルの中にいた人たち、多分お客さんと思える人たちにかたっぱしから、尋ねてみました。

ま、フランスだから、だいたいみんなフランス語、またはスペイン語しか話さないので、自分の窮状を伝えるのにかなり四苦八苦しました。

 

結局、その中の1人のお兄さんが、ホテルのカードに書かれている電話番号に電話をしてくれて、レセプションの人は、まさに、わたしはバス乗り場へと急ぐ為に荷物をホテルに残して100メートルくらい歩きだした時に、レセプションの女性はホテルに到着

し、荷物を取り出してくれました!

 

いや、もう荷物捨てるか~~ (;_;) という決心だったのですが。。。。

良かった。

バスも普通に間に合ったし。

 

人って、どこ行っても親切な人いるんだよね。

てか、みんなフツウに親切。

 

言葉もろくにわからず、荷物置いて帰るしかないかもしれないわたしに、ほんと、お客さんたち、電話してくれたおにいさん、協力してくれました。

 

旅の情が身に染み入りました (=゚ω゚)

 

なんだか受け身で臆病な旅を繰り返しておりますが、それでも出掛けずにはいられない、何かがあるのです。

 

臆病な旅人、今日もゆく! つもり。予定。(''ω'')

いや、出発はきっと、もっと後になってしまうのでしょうが。

 

f:id:anneneville:20190310135943j:plain

バスクなグラフィティ

 

 

 

旅の思い出 バイヨンヌ 2018 11月 その1

 

f:id:anneneville:20190310071130j:plain

flix busで到着しました。バイヨンヌ

 バヨンヌ?バイヨンヌ正しい表記がわからないのですが、去年の11月に南西フランスのBayonneへ行って来ました。

 

みなさま、お元気でしょうか?

 

去年の話を今頃アップ! (^^; ハハハ  

 

いやあ、一月から行っている職場が、わりとすぐ、”ああ~~、ここは駄目かも”(>_<)と思いながら通って早2ヶ月になる。

3月末までの辛抱!(´・ω・`) と諦めて日々やり過ごしておりますが、納得出来ない事あり。

自分は派遣の更新無しを早々と表明しているものの、後任の応募が少ないのでしょう、引止められましたが、無理。

相変わらずジプシーの日々ですわ~~ (*^-^*)

 

そうそう、生ハムで有名なバスク地方バイヨンヌで最初に降り立った場所は視界を開かせる川辺の遊歩道沿い。

きれいな遊歩道沿いですが、すぐそばにはアフリカ系の若い男子たちが数人でたむろしておりました。

 

危険な感じはあまりしなかったけれど、”う~~む、ここにも若者の失業者と移民問題か~~ (''◇'')” と早々とフランス小都市の問題を検知。

 

でもこういう光景ってフランスとか、では当たり前なのでしょうね。

 

 

アビニョンでも1番記憶に刻み付けられたのがホームレスだし。

地元の人たちは当たり前すぎて、いちいち気にしていられないのかな。

 

ホテルへ向かう

低価格ホテルを選び、宿泊してだらだらと過ごしました。

(^^)/

www.booking.com


MAPS.MEというオフラインで使えるアプリにアキテーヌ県をダウンロードしていなかった為に、ホテル見つからなかったらどうしよう。。。(;_;) と、かなり不安でしたが本当に駅のそばで、勘で歩いて行ったらすぐにみつかりました。

 

play.google.com

 

 

ホテルは居心地良かったです。

バイヨンヌはホステル的な施設はないと思います。

 

オーナー女性に一度だけお会いしまして、その時、”日本が好き♡”と仰ってましたが、何か特別な思い出があるのかしら!?と思ったのですけど、特にそういう訳じゃなさそうで、わたしがフランス好き♡”と言っているのと、あまり変わりませんでした。
(^^)

 

すてきなレストランがたくさんあったけれど、やはりひとりぼっち+高価格なのでmonoprixや近所のケーキ屋さんで買ってきたりして、お部屋で飲み食いしていました。(*^^*)

f:id:anneneville:20190310082828j:plain

 

町中のお惣菜パン屋さんみたいな所でキッシュを買ったのですが、その店のマダムに”温める?”と聞かれて、いいえ、と答えたら怪訝な顔してました。

キッシュって、きっと温めて食べるものなのでしょうね。(^-^;

でも、冷めていても美味しい、そのお店のキッシュでした。

 

そうそう、フランスは2017に行った時に比べても、各段にキャッシュレス化が進んでおり、ほぼどこでも、どんなに少額でも、自分の持っている、どんな貧乏な人でも所有出来るセゾンカードでも簡単に支払いができましたよ。

サインとか要りませんから。

 

ただ、パン屋さんは別です。

パン屋さんは現金です。

それはパリ在住ひろゆきという、実業家?も言っておりました。

 

バスク博物館

大きなみどころの一つ、バスク博物館へ行ってきました。

www.musee-basque.com

 

 日本語案内もありますよ。

f:id:anneneville:20190310100730j:plain

日本語解説。入館すると、言語を聞かれて貸してもらえる。

 

 入場チケットは終日有効なので、見て回って疲れたら、食事行くなり買い物行くなりして、また戻って来てもOK (*‘∀‘)

 

バイヨンヌは紀元前とかつくくらい大昔、ローマ人支配の後に今のスペイン辺りからやって来たヴァスコン人に支配され、その地名も名付けられたとさ。

その後色々あって、100年戦争とか、(途中略し過ぎ)20世紀のフランコ政権という独裁政権から逃れてきたスペインバスクの人たちが棲みついたと。

全部wikiより。

 

バスク地方って、なんとなく郷愁を誘う感じがしませんか!?

一度来てみたかったのです。

でも本当に、ちょびっと、見ただけって感じだなあ~~。

旅というより、物見遊山ですよ。

 

そんな歴史に名高いバスク地方の事について色々学べる場所、バスク博物館ですので、是非行ってみてください。

f:id:anneneville:20190310102528j:plain

誰の絵か、忘れてしまいました。(>_<) わたしのバカ・カバ。しかし、美しい衣装ですよね~~!

でも、この絵は確か、常設ではなかったと思いますが。 (>_<)

 

旅への郷愁がまたまた湧いてきてしまいましたよ。 (;_;)

あ~~、臆病な性格で少しでも遠くへ行くと不安になるくせに、まだ見ぬ土地にいつも憧れを抱いてしまう。

 

珍しい食べ物を求めて、大きなカルフールへ、よく足を運んでおりました。

宿から片道2㎞くらいの範囲内に大きめのカルフールが二つあるのですよ。

 

突然の山羊!! (^^)/

中の大くらいの大きさのカルフールへ行く途中にテニスコートがあって、何故かそこに山羊が棲んでいるのです。

f:id:anneneville:20190310103928j:plain

ぎょっ!街外れのテニスコートのそばに何故か羊が2匹

 

不思議なんですよ~~。何故か突然、街外れに山羊がいるのですから。

獣の匂いがするので、不思議に思い、辺りを見回したら、あら、びっくり!!

(=゚ω゚)

 

これを、誰かに尋ねてみようと、思っていて、忘れてしまいました。(-ω-)

 

あたりは、本当に山羊のチーズの匂いが立ち込めておりましたよ(*^^*)

 

生き物が好きなので、出会えた時は、本当に嬉しかった! (∩´∀`)∩

小さい頃、うち、山羊飼ってたし、山羊乳で育てられた。

 

日本て山羊乳売ってないから、さびしい。でもフランスやベルギーでもあまり見かけない気がする。

イギリスなら、なんとか売っているけれど。

 

と、今回はこの辺で一旦、止めて、次回へ続きます。

また、ご興味のある方は、是非読んでみて下さいませ。

 

ありがとうございます。

_(._.)_

 

 

 

 

 

€6のポテトセットと640円の満腹セットの間のジレンマ('Д')

なんだかお寒い日が続いておりますね。

太陽が出ないと、なんとも調子が出ないというか。。。(>_<)


いや、この関東の冬は充分、太陽がいっぱいで、むしろ暑いと感じる瞬間が多いので、たまには寒い方がよい、とは思うのですが。。。

 

味気ない日常を送っていたので、日記を書きたくても、何も書けない日々が続いていました。

 

f:id:anneneville:20190211161659j:plain 

 久々に大都会東京へ、仕事(バイトね)に行って来ました。


しかし、なんですね。

ほんとうに、立派にきれいに派手になってゆくなってゆく、東京よ。


変わったわ~~、東京。


でも、ほんと、いくら表面だけきれいにしてもねえ~~、(-ω-) 

 

という一抹の残念感というか、オリンピックの後、どうするつもりなん?みたいな気持ちに、立派で新しくてきれいな東京に来るたびに感じます。

 

あ~~、でも同じ事を、ロンドンでも思ったなあ~~。

立派で荘厳で新しく、誰からも文句つけようもなく素晴らしく大変身したロンドン、だなあ~~と、

昔の古ぼけてしょぼかったロンドンを懐かしく思い返しました。

 

ま、おばあさんの只の愚痴ですわっ (^^)/

 

ところで、東京に来たので久しぶりに小諸そばに立ち寄りました。

 

www.k-mitsuwa.co.jp

 

貧乏性のわたしには心強い友のような小諸そば

安定の価格帯はわたしをなんとも云えなく、安心させるのです。

 

でもねえ、この価格帯、働いている人たちにとっては、果たして幸せなのでしょうか!?


まるで機械のように、次から次へと押し寄せる客の注文を取る外国人と思える店員さん。


わたしにとっては心強い友である小諸そばでも、働いている人は幸せなのかしら!?

 

この安価な外食チェーンは、この国の誰も幸せにしないわよね。

 

そりゃ、わたしは小諸そばの天丼満腹セット¥640を食べて満腹になって幸せになりますけど、

そういう話ではないのです。

 

 f:id:anneneville:20190211164344j:plain

 

でも、労働するみんなが幸せになる為なら、わたしは小諸そばの満腹セット¥640を諦めますよ。

 

だってね、フランスではこんなのが6ユーロなのですよ!!

 

f:id:anneneville:20190211164807j:plain

6ユーロったら幾らだと思います!?

6✖︎@130円=780円

 

どうしてもトイレに行きたくて入った南西フランスのバイヨンヌバーガーキングのベーコンポテトとカプチーノのセット。


サイズも別に日本のと比べて、大きいとも思えないサイズでした。

むしろ日本サイズと同じ!?


お腹空いた人には、全く不満足な内容。

フランスは外食が高いというけど、バーガーキングも外食と言わせてもらうなら、それはきっと適正価格なのでしょうね。


安いからなのでしょうけど、小さい子供を連れたファミリー層のお客がたくさんおりました。

 

日本でも普通に外食はそこそこ高いと思うけれど、外食チェーンという場所では、人件費入っているの?大丈夫なの?という値段ですよね。

 

何度も言いますけど、わたしみたいな低所得な層には嬉しい限りですけれど、

いいのかなあ~~ (=゚ω゚) なんて思いながらもぐもぐと、ご飯を口に運ぶわたしでした。

 

この国で外食チェーンが高くなってしまったなら、わたしは諦めてお家で何でも作って食べる事にしますよ。


てか、外食チェーン店減っても、大勢に影響は全く無いですね。

 

 

ところで、フランスもファストフード店の機械化が進んでいて、注文は全て機械で頼めます。


フランス語出来る人と、フランス語が出来ない人の為の英語と、二か国語対応の機械です。


 

でも厨房や、厨房で出来てきたバーガーやコーヒーを渡す人はちゃんとした人間で、

それでわたしは自分の番号610番のフランス語を、憶えられました!(^^)/ とさ。

店員さんは笑顔ゼロ円の対応でした。

 

めでたし、めでたし。(∩´∀`)∩

 

 

 

たった一人のジレ・ジョウヌ

 

f:id:anneneville:20190113143833j:plain

 労働者に嬉しい、低価格帯で高カロリー&スーパーボリュームランチを提供してくださる最寄り駅前の中華料理屋さんの或る日のメニュー。

これで540円なんです。(∩´∀`)∩

めちゃめちゃ無愛想な店員さんたちだけど、まるで外国に来たみたいな気持ちになって、なんだか面白い!

 

 

 

 

ついに来ました。

我が市では、実は近々選挙がありまして。

これが例の公〇党に投票してください勧誘なのだなあ。。。という事態に、ものすごい久々に出会ってしまいました。

 

ラインで頼まれたのですが、実はわりとお世話になった方からのお願い。

でも仕事でお世話になった方でプライベートという訳ではありません。

まだ返事していないのですが、やんわりとソフトにお断りしようと思っております。

いままでそれ系のお願いは人生で2度ありました。

やはりふだんはお付き合いも途切れているのに、久々に連絡が来たと思ったら、、、そのお願いだったのです。

 

よく聞く話ですよね。(゜_゜)

 

しかし普段はどの政党に属しているなど、超プライベートで言う必要も無い事なので、自分の周りにいる人のそういう実情は知らない事が多いのですが、本当にわからないものですね。

 

きっと読んでいる方々の中にもその政党に属している方は大勢いると推察いたします。

 

なんせ二つある与党の一党なのですから、それは世間では大多数に当たるのでしょうね。

 

普段は自分はそういう事には一切かかわらない生活しているから、気にしたことなかったのですけど、この一件で世間の人々の属するコミュニティというものをふと、考えてしまいました。

 

自分は実はコミュニティというものを殆んど持っていないのです。

一匹狼を気取っているつもりは全くありませんし、一匹狼なんて不安でしょうがない気がするし、全然なりたくないものです。

 

それにだいたい狼って、犬と一緒で単独は好まないはずでは? (''◇'')ゞ

 

お世話になった人といっても、それはそれ、これはこれ、ですもの。

 

www.msn.com

 

ところで↑ まだまだフランスでは黄色チョッキ運動が続いておりますね。

去年11月に行っていた時は毎日テレビでニュースをキャッチしていたけれど、帰ってくるとさすがに疎くなってしまいます。

 

遠い異国の事ですが、燃料費値上げに依り切迫する生活苦、とくれば他人事ではありません。

すぐ隣のベルギーにはもちろん直ぐに伝染して当該運動が同時期に起こっていたので、そちらがどうなったのかも気になる。

 

f:id:anneneville:20190113152830j:plain

 

実は友人からジレ・ジョウヌを頂きました。

テレビでジレ・ジョウヌのニュースを見ていた時、

”わたし、前からあれ欲しいと思っていたのです。 日本には程良い、欲しいような物がないのですよ。”と、友人に話していたら、まさかの頂き物!

 

自分はいつでも同じもの買えるから、いいのよ。との寛大にもお優しい友人のお言葉。

 

 

でも探したら普通にAmazonにありました。

中には10円という物も。

 

フランスの彼等とは違う目的で現在使用しております。

それの本来の目的で。

 

夜、仕事からの帰り道が、真っ暗な車道脇を通るので、もう危険で危険でしょうがありません!

 

でもこれをいったん着用してみると、何か自分も、逼迫する経済的な困難を訴える運動に身を投じてみたくなりました。

 

例えば。。。。

消費税値上げという愚にもつかぬ政府の怠慢な税収入獲得方法に反対するとか。

 

わたしみたいな一介のつまらぬ高齢者に依る地味な運動など、誰も爪の先ほどにも気に留めぬであろうことは明白ではあるけれど。

 

消費税値上げ毎に、一般庶民にとって、経済が悪くなってゆく日本。

消費税が10%に値上がりした暁には、ほんと夢も希望も、もともと持っていないけれど、さらに駆け足で遠のいて行くのは明白です!

 

イザナギ越え景気って、何なんですか?

絶対にうそでしょう。

裏にからくりがちゃんとあるに決まってますから。

(実情よく知らないのに断言!)

 

ところでフランスの情報等ですけど、実はこんな人の与太話をよく聞いているのです。

( *´艸`)

 

www.youtube.com

 

大金持ちなのに小銭大好き

動画配信視聴者から投げ銭もらって大喜びの、元2ちゃんねる管理人、掲示板作成者の、現在パリ在住のひろゆきです。

 

いえ、基本、ビール飲みながらだらだら雑談しているだけのおっさんなのですが、なんとなく好きで、いつも配信楽しみにしております。

( *´艸`)

 

あっ!ビールだけではなくて、ワイン飲んでる時もありますから。(∩´∀`)∩