アンの日記 IKIGAI la raison d’etre 生き甲斐 たまたまフランスで見た絵の中にこのワードがあって、なんか哲学的!とか思っちゃっただけです。

生きることはlost&foundの連続!? やった、人生折り返し点過ぎたし!今話題のアラ50クライシス!?なんてなんのその、のんびり生きてるシングル・時々リモート介護のわたくしの私的ダイアリー&奮闘記です。やっほ~~(^^)/

たった一人のジレ・ジョウヌ

 

f:id:anneneville:20190113143833j:plain

 労働者に嬉しい、低価格帯で高カロリー&スーパーボリュームランチを提供してくださる最寄り駅前の中華料理屋さんの或る日のメニュー。

これで540円なんです。(∩´∀`)∩

めちゃめちゃ無愛想な店員さんたちだけど、まるで外国に来たみたいな気持ちになって、なんだか面白い!

 

 

 

 

ついに来ました。

我が市では、実は近々選挙がありまして。

これが例の公〇党に投票してください勧誘なのだなあ。。。という事態に、ものすごい久々に出会ってしまいました。

 

ラインで頼まれたのですが、実はわりとお世話になった方からのお願い。

でも仕事でお世話になった方でプライベートという訳ではありません。

まだ返事していないのですが、やんわりとソフトにお断りしようと思っております。

いままでそれ系のお願いは人生で2度ありました。

やはりふだんはお付き合いも途切れているのに、久々に連絡が来たと思ったら、、、そのお願いだったのです。

 

よく聞く話ですよね。(゜_゜)

 

しかし普段はどの政党に属しているなど、超プライベートで言う必要も無い事なので、自分の周りにいる人のそういう実情は知らない事が多いのですが、本当にわからないものですね。

 

きっと読んでいる方々の中にもその政党に属している方は大勢いると推察いたします。

 

なんせ二つある与党の一党なのですから、それは世間では大多数に当たるのでしょうね。

 

普段は自分はそういう事には一切かかわらない生活しているから、気にしたことなかったのですけど、この一件で世間の人々の属するコミュニティというものをふと、考えてしまいました。

 

自分は実はコミュニティというものを殆んど持っていないのです。

一匹狼を気取っているつもりは全くありませんし、一匹狼なんて不安でしょうがない気がするし、全然なりたくないものです。

 

それにだいたい狼って、犬と一緒で単独は好まないはずでは? (''◇'')ゞ

 

お世話になった人といっても、それはそれ、これはこれ、ですもの。

 

www.msn.com

 

ところで↑ まだまだフランスでは黄色チョッキ運動が続いておりますね。

去年11月に行っていた時は毎日テレビでニュースをキャッチしていたけれど、帰ってくるとさすがに疎くなってしまいます。

 

遠い異国の事ですが、燃料費値上げに依り切迫する生活苦、とくれば他人事ではありません。

すぐ隣のベルギーにはもちろん直ぐに伝染して当該運動が同時期に起こっていたので、そちらがどうなったのかも気になる。

 

f:id:anneneville:20190113152830j:plain

 

実は友人からジレ・ジョウヌを頂きました。

テレビでジレ・ジョウヌのニュースを見ていた時、

”わたし、前からあれ欲しいと思っていたのです。 日本には程良い、欲しいような物がないのですよ。”と、友人に話していたら、まさかの頂き物!

 

自分はいつでも同じもの買えるから、いいのよ。との寛大にもお優しい友人のお言葉。

 

 

でも探したら普通にAmazonにありました。

中には10円という物も。

 

フランスの彼等とは違う目的で現在使用しております。

それの本来の目的で。

 

夜、仕事からの帰り道が、真っ暗な車道脇を通るので、もう危険で危険でしょうがありません!

 

でもこれをいったん着用してみると、何か自分も、逼迫する経済的な困難を訴える運動に身を投じてみたくなりました。

 

例えば。。。。

消費税値上げという愚にもつかぬ政府の怠慢な税収入獲得方法に反対するとか。

 

わたしみたいな一介のつまらぬ高齢者に依る地味な運動など、誰も爪の先ほどにも気に留めぬであろうことは明白ではあるけれど。

 

消費税値上げ毎に、一般庶民にとって、経済が悪くなってゆく日本。

消費税が10%に値上がりした暁には、ほんと夢も希望も、もともと持っていないけれど、さらに駆け足で遠のいて行くのは明白です!

 

イザナギ越え景気って、何なんですか?

絶対にうそでしょう。

裏にからくりがちゃんとあるに決まってますから。

(実情よく知らないのに断言!)

 

ところでフランスの情報等ですけど、実はこんな人の与太話をよく聞いているのです。

( *´艸`)

 

www.youtube.com

 

大金持ちなのに小銭大好き

動画配信視聴者から投げ銭もらって大喜びの、元2ちゃんねる管理人、掲示板作成者の、現在パリ在住のひろゆきです。

 

いえ、基本、ビール飲みながらだらだら雑談しているだけのおっさんなのですが、なんとなく好きで、いつも配信楽しみにしております。

( *´艸`)

 

あっ!ビールだけではなくて、ワイン飲んでる時もありますから。(∩´∀`)∩

 

これからの人生はオマケ。お正月の夜の公園でUSAを踊る。2019

f:id:anneneville:20190101124947j:plain

 

2019年も、明けました。

おめでとうございひます。  (*^-^*)

 

hatenaの皆様は、昆布巻きやかまぼこなど、デリシャスなお節を召し上がっていらっしゃる!?

 

ところで50歳もとっくの間に過ぎてもう50代半ば、ふと、いつ死んでもいいな、と思っております。

いや、別に突如思い立ったわけではないのですけどね。

 

ほんと、いつ死んでもいいです。

これからの人生はオマケ、という事で。

 

やはり加齢と共に目や歯の劣化が著しく、こんなんでこの先も長く生きてゆくなぞ、とうてい”あり得ない”と思う訳ですよ。

 

歯医者へ行くと、わたしの口は小さく、治療しずらく、だいたいは医者に嫌われます。

常に歯医者ジプシーな感じです。

これからどの歯医者へと漂って行くのやら。。。。前途多難。

ちなみについ最近までかかっていた歯医者さんは、もうこれ以上はわたしの歯は診たくないように感じました。

とても頼りにしていたのに。。。(;_:)

 

 

 

 

f:id:anneneville:20190101123215j:plain

エチオピアンコーヒー入りクッキー 

 

ところで今朝、元旦の朝から作った、岩石のような固いクッキーが超絶旨い!と感じました。 (=゚ω゚)

固いのは、ちょっと焼きすぎ!?

 

この前友人から、”もしかしてLGBTとか?” と聞かれました。

実は他人っていうか、友人からこう思われていないかな?(>_<) と心配することあります。

或る程度歳とってしまって、特定のパートナーもなく、独り身でいると、同性愛者と思われないかなあ。。。?と実はわりと最近そう思うようになりました。

いや、そう思われたりするとさすがに、なんだかイヤだからです。

それで、やはりそういうふうに誤解する人がいるんだ。。。!と、体感しました。

 

いや、実際、同性愛者たちの方が、わりとしっかりパートナーとかいるでしょっ!

 

数年前イギリスへ旅行した際、現地で知り合ったイギリス人女性とちょっとした友達になったのですが、後でよ~~く思い出すと、彼女は同性愛者だったのでは。。。?と疑いが湧いてきました。

いや、とても良い方だったのですよ。親切にしてくれた。

 

LGBTの人たちに対して反する気持ちがあるとか、そういうことではなくて、誤解されたくない、という気持ちから来た発言です。

 

実際、間違われたり、誤解されたりするとメンドーなので、イヤなのですよ。

 

=============================

今日は元旦からベビーシッターの仕事が短時間あるので、後で出掛けます。

こういう仕事をやって、更に実感したのは、子供にとって愛情はなんて大切なのだろうとひしひしと感じました。

 

たまたまなのですが、年末に某死刑囚に関するテレビ番組の動画を見てしまいました。

 

それに拠ると、その人物の生い立ちは信じられないような両親からの育児放棄の連続から成っている。

その人物の生まれは今から70年ほど前、戦後から4、5年後。まさに戦後ですね。

まだまだ多くの国民が貧苦に喘いでいた時代だったと思います。

その人物のは両親からネグレクトを受けていたけれど、その親もネグレクトだったというまさに、負の連鎖。

結婚しない若者の事がメディアでは多く取り上げられておりますが、世の中には家庭を持ったり子供を育てたりするのは、全く不向きな人間という人たちは必ず存在します。

 

ニュースを見ていると、ネグレクト(育児放棄)や幼児虐待の記事を頻繁にみかけますが、そういう現実を目の当たりにすると、こんな自分でも、本当はなんてラッキーだったのでしょう、と自然とそう思えてきてしまうのでした。

お母さんはなんて優しく忍耐強く、自分を育ててくれたのだろう、と感謝の念が絶えません。

 

 

例え充分といかなくても愛情手間暇かけてくれて、成人するまで、育児放棄せず育ててくれたということは、当たり前ではないのだな、有難いことなのだな、と思う今日この頃です。

いまごろかいっ!?ww

 

=============================

そうそう、ここのところ冬のせいか、リスみます! (^ω^)

ここは、都会に近いはずなのですが。

 

野生動物みるの大好きです♪♪

 

f:id:anneneville:20190101133157j:plain

 

  それでは皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁🌈

 

すでに2日からは、通常通りかな?と思えるくらい正月らしくない昨今でありますが、昨夜20時頃には、ベビーシッターをしていて、夜の誰もいない公園で子供とピューピュー寒い中、DA PUMPのUSAをハイテンションになって踊ってました。

 

もうやけくそ。

 

いや、もちろん踊れませんけど💦、USAと声張り上げて、身体を動かすっていうか。

 

 

 


DA PUMP「U.S.A.」【CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ】

 

 

究極の肉体労働者、それはベビーシッター!

 

子供は風の子というけれど、いいかげん、上着を着て欲しかったけど、全く言う事きかないもので。。。。(´-ω-`)

ベルギーとフランスで食いしん坊備忘録2018

今年も残すところ後少し。

新年の仕度はお済みになりましたか。

 

 

すごい食いしん坊なのですけど (^-^ 

でも雑な人間なのでグルメって訳でもなく、ただただ食いしん坊ってだけなのです。

今回の旅の食いしん坊備忘録です。

 

やっぱりベルギービール

ブリュッセルに着いたのが朝の9時前という早朝で、信じられないくらい疲労が蓄積していたのですけど、それは、それ。

全身のアドレナリン全開だったので、すぐに近くのコンビニ(carrefoure)でビールとチーズを買ってきて、ほっと一息つきました。

 

f:id:anneneville:20181228163527j:plain

 ベルギーと云へば世界中で名高く、美味しいというブランド力の高いビールを生産している国として有名です。

 

実は、ずっとベルギービール飲みたかったのですよ~ (*^-^*)

 

国内で飲むとするとやはりお高いので、普段は飲んでおりません。

エビスビールがあるから、外国のものは飲めなくてもいいや。

 

とてもポピュラーなleffeビールです。

テレビCMがよく流れていたので、国民的な飲み物なのだなあ、そして売り上げも良いのだろうなあ、と思いました。

 


Always Welcome - FR - Leffe

 

ポテチ!?

コンビニに寄ったら、なんとポテチ!?が売られておりました。

人気あるのかな??? (´・ω・`)

あまりスナック類は買わないのですけど、日本語が目についたもので。。。

f:id:anneneville:20181228174212j:plain

 

 

お馴染みのチェリービール!

濃いルビー色の液体が食欲をそそりますねっ (*^^*)

酸味がよく効き空気のきれいな田舎に来たような気持ちになります。

f:id:anneneville:20181228175934j:plain

 

ベルギーの生肉料理

猫祭りや第一次世界大戦でドイツにめちゃめちゃ爆撃受けたことで有名なイープレという町のレストランで友人が食べた料理です、が、このわたくしの間の抜けた写真じゃよくわからないと思うのですけど、この紫色っぽいものは、生肉です。

 

ベルギーの人は生肉料理を食べるのですね。

わたしは、なんていうか、またなんてことないフィッシュアンドチップスなんて食べたのですが、この珍しいベルギーの生肉料理、食べておくのだった。。。と後悔しました。

 

一口味見させてもらいましたが、とてもとても美味しかったです。

生肉食べるなんて、なんたる高い食文化!と、感銘を受けました。

そもそも新鮮じゃないと美味しくないだろうし。

フリッツと呼ばれるポテトも美味しかったです。

大のじゃがいも好きにとっては天国のようなお味 (*'▽')

 

イープレはフランス語ではなくてフレミッシュというベルギーのもう一つの言語を話す地域。

このレストランでは全くフランス語が聞こえず、フレミッシュだけがお店の中で響きます。

どうやらお客さんのほとんどは地元の人たちのようでした。

f:id:anneneville:20181228181206j:plain

 

でもね、ほんとほんと、ベルギーやフランスは外食がお高いです。

でも日本だって、ちゃんとまともなお店に入れば、そこそこのお値段するでしょっ!?

外食は普段はしませんが、やはりお付き合いというかなんというか、たまには入らざるを得ない場面がけっこうあります。

せっかく異国を訪れているのですからね。

 

懐かしいお味のクレープ

よく行くショッピングモールのカフェで一休みのクレープ。

別になんてことないのだけれど、ブラウンシュガー振っただけとかなのだけれど、なんとも言えなく美味しい。(^^)/

スーパーに行っても真空パックブルターニュのクレープ、とかって売っているのだけれど、”あれかな!?” と思ったりするのだけれど、なんとなく懐かしいようなお味。

f:id:anneneville:20181228190021j:plain

 

なんでこんなに外国の食べ物って珍しくて美味しいのでしょうねっ!?

うきうきわくわく、と心躍りますっ!! (*^-^*)

 

書いているうちにまた、行きたくなってしまいました。

 

 

ペリエ3人娘

こちらに来ればペリエが心おきなくたっぷり飲めるっ!!

これも大きな旅の目的の一つです。

 

左から、はっかいちごすいか、となんと今回は3フレーバーも味わってきてしまいました。

こんなに美味しいフレーバー水を売っている国って、なんて羨ましいのでしょう!

日本でもまあ、飲めますけど、そうですね、日本で飲んでもやっぱり美味しいです。

f:id:anneneville:20181228191520j:plain

 

 

 パテとか加工肉

ここぞとばかりに毎日のように加工肉食品を食べました。

割安な価格で良質で旨い加工肉類が食べれますからね、こちらでは。

塩味強いから、からだに悪かったでしょうか。。。。(''_'')

でもわたくし低血圧だし、逆に良いかもしれないとか、思って。。。??

あとスモークベーコンも、もうもうたまらなく旨かったです。安いですよ。

お安いお店だと、€1ぐらいですから。(スモークベーコンの最低価格に限る)

サラミ、生ハム、毎日むはむは食べました! ('Д')

f:id:anneneville:20181228193022j:plain

 

でも帰国が近づいてくる頃になると、普通に”玉子丼とか食べたいなあ~~”とか考えておりました。いえ、別に普通に玉子とお米買えば、どこの国でも作って食べれるのですけどね。

 

牛乳

例えばベルギーの普通の家庭だと、常温保存の利く、あまり美味しくない牛乳飲んでいるイメージなのですけど、どうなのでしょう。。。。(*_*

美味しい牛乳がどうしても飲みたかったので、ちょっと少しお高めの特別な感じの牛乳をスーパーで買ってみました。

濃くて低温殺菌でとてもとても美味しかったです。

 

イギリスだとあの常温保存の牛乳じゃなくて、濃くて低温殺菌のフレッシュミルクが普通に飲まれているイメージなのです。お安いし。

 

日本もそれなりに牛乳の種類は豊富だとは思うのですが、お値段が、なんといってもお高いですよね。

f:id:anneneville:20181228195719j:plain

 

書いているうちにまた、どんどんどんどん、滞在時の記憶が蘇り、またまたどうしても行きたくなってきてしまいました。

最近は滞りがちになっているダイアリーですが、書いてみる意義は確かにあるなっ!と感じた今日この頃デスっ。 (=゚ω゚)ノ

 

みなさま、良いお歳を。

いつもバスを頼っているわたしが運転手不足を危惧する、そしてフリックスバスの旅

f:id:anneneville:20181227135549j:plain

ただ灰色の壁の写真ではなくて、実は1ミクロンくらいの大きさのカワセミが、チョコンと、写っているのです。iPhoneしかカメラがないので、こうなってしまう。。。。

さっき、偶然にも出会ってしまい、感動!

 

 

いやはや、もう何だかんだで年の瀬ですね。

なんて、一年経つこと事がアッという間に感じてしまうのでしょう。

 

生活に余裕がないからでしょうか。。。。💦  (^-^;

 

日記を書くのも、なんとなく余裕がないので、あまりパソコン開く気にならないのです。しかも古いので速度がものすごく遅い!

でもhatenaの無い生活も、なんやらさびしいもんです。(;_;)

 

ノジマにでも行って新しいPC見て来ようかなあ。

 

もう帰って来てから1か月近く経ってしまいそうだ。

今回も、ほんの申し訳程度に旅に出ましたが、またバスを大活用しました。

 

ブリュッセル -> ボルドー -> バイヨンヌ という超長距離です。

 

どこぞの若い大統領さんマクロン氏、大臣時代に長距離バスの認可をした、とのことです。すいません、ヤフーニュースでチラ読みした記事なので、あやふやな記憶。。。

”貧乏人でも旅行が出来るように。” と、言ったとか言わないとか。

わたくしが読むのは日本語ソースのニュースなので、信憑性は?

 

とにかくエリート過ぎて、庶民の気持ちが全くわからない!というのは、きっとあながち間違いではないのでしょうね。というか、まさにそうなのでしょう。

 

まさにわたくしのような者の為に長距離バスの大陸間移動を可能にしたくださったのですね、マクロンさんよ、ありがとう!

 

f:id:anneneville:20181227160331j:plain

ブリュッセルの街角で。 

 

本当に長距離すぎて、LLCもあるくらいブリュッセルからボルドーなんて遠いのですけど、価格が10倍ほど飛行機はお高いです。

 

チケットの値段も24時間前に買えば、なんと€20くらい!
お得過ぎませんっ!?16時間かかりますけどね (*_*)

 

でもこの時期(11月)のバスって比較的空いているので、隣に誰も乗ってこない事多いので、からだ伸ばして眠れるから、そんなに悪くないですよ。

 

乗り込むのは夜の9時くらいで、ブリュッセル北駅から。

夜の北駅。。。。大丈夫かなあ。。。と思っていたら、案の定、危惧した通りとてもやばい雰囲気。

厳密に言うと、危険では無いのでしょうけど、行き場のない人たちが駅構内の腰掛けなどに座っている状態です。

それで、そそくさとバス乗り場である外、真っ暗で寒い外に移動してみると、そこはバスに乗る人たちばかりで、さっきの駅構内とはうって変わって、普通な雰囲気。

 

ただ寒い、暗い、というだけ。

 

バス発車までは1時間以上とか時間がある。

 

あまりに寒く心細かったので、近くにいた若い女の子に話かけてみたら、彼女も心細かったのか、バスが来るまでずっと話をしておりました。

 

待ち場所が暗くて寒いとか不用心とか、バスが一般のお金のある人には不人気?かどうかはわかりませんが、それほど一般的ではないのは、そういう事が原因かもしれません。(>_<)

 

ところで最近、国内ではバスと、歩行者や自転車との事故がやたらと報道されているのが気になりました。

今の交通法って、どんなに歩行者が悪くても、運転手側が罰を受けるのが現状。

ただでさへバス運転手不足な世の中なのに、どうなってしまうのだろう。。。と、わたくしはかなり危惧しております。

 

わたし自身、自分が100%悪くて交通被害者になった経験があるものですから。(>_<)

 


headlines.yahoo.co.jp

記事3ページより抜粋 -----------------------

交通革命の前に必要な公共交通のあり方
12/25(火) 12:13配信

公共交通の見直し
 しかし、日本の路線バス事業は、沿線人口の減少、乗務員の不足と高齢化、そして燃料及び車両のコストアップの三重苦という深刻な状況に陥っています。NHKでも「路線バス」という特設サイトが設置され、そのトップページには「今、全国の路線バスが大変なことになっています。運転手不足で、赤字路線だけでなく、大都市部の黒字路線までも減便・廃止せざるをえない事態になっているのです」という記載があります。

 そして、バス運転手の平均年収448万円(全職業の平均490万円)、バス運転手の平均労働時間月210時間(同177時間)、バス運転手の離職率入社4年で半数近く、路線バス事業者の赤字率約64%、運転手不足の路線バス会社8割、10年間の路線廃止距離 約1万4000kmといったデータが示されています。

 

以下続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんな風にわたくしは、お国の外に出ても、いつも普通の路線バス、長距離バスにはお世話になりっぱなしなので、運転手さんを大切にしようよっ!運動を心の中で繰り広げております。

心の中でだけではダメですね、きっと。。。。(´・ω・`)

行動や言葉に表さないと。

 

ボルドー行きの運転手さんは、オーバーナイトなので2人組でしたが、どうみても、かなりなお歳だったな。50歳くらいかな。そして体形が肥満型でした。ポテトチップ食べ過ぎたアメリカ人みたいな。。。

 

運転手という職業は長くやっていると、健康に悪そうではないですか!?

だからああいう体形なのかなあ~?

 

こんな風に観察するくらいしか、よその国のバス運転手事情は分からないのですけどね。

 

そうそう、笑ったwwのが、ボルドーからバイヨンヌ間の運転手。ww

2時間くらいの近距離なのだけど、遅れに遅れてくるんです。1時間近くは全然普通に遅刻してきました。

外国って日本と違って、時間通りってあまりない、とよく聞きますが、自分のバス旅に関して云へば、だいたい時間通りなんですよ。イギリスでも、フランスでも。

 

運転手は40代くらいのイタリア人のおっさんでした。

バイヨンヌ通って、ビルバオとかスペイン行くものだから、スペイン語スピーカーたちが、けっこう乗っておりまして、”なんか外国来たみたいだ。。。(*_*)” と、急に心許ない気分になったのでした。

 

途中でそのイタリア人運転手が、なんとタバコ休憩を取ったのですよっ!

”これだっ、バス遅刻の原因って” と、わたしはすぐにぴ~んときました。

いやあ、長距離バスけっこう乗ったわたしですけど、”シガレット”と、言ってたばこ休憩取る人見たのは初めてだったもので。

 

ま、でもそこでトイレに駆け込んだわたしだったし、何も遅れるのも、タバコ休憩も悪いものだ!とは少しも考えてはいないのですよ。

 

一路バイヨンヌ目指してみて、やっとラテン時間というものを体験したのでした。

フリックスバスの運転手さんは自由で、ちゃんと人権がありますね (^_^)/

タバコ休憩取ったって良いじゃないかっ!

 

はい、何か中途半端ですけど、また続きにします。

疲れて集中力がない今日この頃です。。。。('_')

 

 

 

 



3回乗り継いでヨーロッパまで(^ω^) ある物好きな人の近況

突然寒くなりましたね。。。。_(._.)_

凍った池の金魚の気持ちになっている今日この頃ですが。。。

基本的にエアコンはなるべく使わず(光熱費一律にも拘わらず)暖かい羊毛服着てしのぎます。

 

エチオピア航空つかいました。(^^)/

www.ethiopianairlines.com

 

ほぼ一番安価なエアラインでした。

 

他にはアラブ首長国連邦エティハド航空とかチャイナエアとかあるのですが、既にエティハドは経験ありなので、今回初、しかも初アフリカ!ということで興味深々で乗ってみました!

 

でもでも

●ソウル・仁川(インチョン)空港、1時間くらい

エチオピア首都アディスアベバでの丸1日近いトランジット

●ウイーン空港、1時間くらい

そして最終目的地のヨーロッパという、超々遠回りなのです。

成田からほぼ丸2日の旅程でした。

 

疲れました。。。。

 

到着も入れると4回の離着陸は、そうとうなからだに対する負担のようです。

そういう事一切、考えなかったのですが、やり終えた今、普段健康第一とか言っているわりには、そうとう健康に悪いことをしてしまいましたわ。。。(>_<)

 

ま、普通は乗りませんよね。。。。(゜_゜)

 

お金があれば、やはり普通に直行便がからだにも負担かけず簡単で良いと思いますよ。

 

それでですね、直行便の場合の問題は一つありまして、だいたいがかなりの夜遅い時間到着なのです。

早くて18時くらいとか、かな。

全て自力移動の自分なので、夜の行動は一切いたしません。

 

お金があれば、そりゃ、空港付近の送迎シャトルバス付のIBISとかに泊まって翌朝にでも行動すればよろしいのでしょうが、そういう金銭的余裕がないのですよね。

 

なので中東やアフリカ経由の航空会社は現地到着時間はわたくしにとって、早朝とか大変ありがたい時間帯です。

 

エチオピア航空は普通に日本語対応の電話番号もあるし、直でエチオピア航空でチケット予約した場合は、webで直ぐに全旅程の席確保も出来るので、良かったですよ。

 

わたくしは典型的なトイレの近いシニア女性なので全て通路側の席にしました。

 

そして長時間フライト中にはしょっちゅう席を立って、通路に立ってからだ動かしたり、ギャレーにお水などを貰いに行ったりするので、わたしにとって通路側席確保は必須で必死です。

 

結局飛行機の中では、わたくしはほとんど眠れないもので。。。

3人並びの席なのですが、1番長距離の仁川<->アディスアベバ間は、3人ぎちぎちに列の席は詰まっておりましたので、そういう席ではほんと、眠れないのですよ。

 

なので、そういう席で眠れる人は、才能がある!尊敬する!とまで思ってしまうわたくしです。

 

f:id:anneneville:20181209141203j:plain

成田ー>仁川間でのお食事!(^^)

待ってました! (*^^*)

 

出発前にスタバとかレストランとか入ってお金使う人の気が知れないのですが、やはりそれは、みなさん、わたくしと違って、お金持ちだからなのでしょうね。(;_:)

 

ヨーロッパ行く人=お金持ち。。。。っていう概念いいかげん止めて欲しい。。。(^-^;

 

長い成田待ちの間にすっかり腹ペコになっていたわたくしは、それはそれはもうみごとに、赤ワインごと美味しく平らげてしまいました

 

お隣の席に、日本に遊びに来ていた韓国の女子大生のお嬢さん。

ジャニーズやアニメ等がお好きのようで、それはそれは日本びいき

そのお嬢さんは、お世辞にも上手いとは言えない日本語でたくさん話しかけてくれました。

 

すごい積極的で、こういうガッツさがフツウに韓国人にはあるのかなあ。。。と思うと、日本人のかけ離れたような不甲斐なさを感じてしまいました。まあ、自分も含めてですが。

韓国語の挨拶一つできない自分を反省。_(._.)_

 

仁川空港ではたった1時間のトランジットなのですが、なんと、わざわざ荷物持って降りて、荷物など、チェックを受けなくてはいけません。

 

面倒ですよね~~  (''◇'')ゞ

 

しかも検査員の女性、すっごく怖かった。

どこの空港も靴脱いだりしなくてはいけなくて、厳しいけど、とりわけ仁川の女性検査員、怖かった。

よくテレビとかで見る、北朝鮮の女性兵士的な何かを連想してしまいました。

あ、でもその女性、1人だけが怖かっただけで、他の方は普通に感じ良かったですよ。

 

仁川からアディスアベバまでの長時間過ごす機内でのエンタメは普通に良かったですよ。金持中東系エアラインの方が映画やテレビの種類多かったと思うけど、名作、新作ちゃんと、そろってました。

 

エンタメも何も放って、眠りたい (++)というのが本音ですけど。

 

そしてぼろぼろに疲れてアディスアベバ空港に到着!

こちらでは10時間以上のトランジット旅客には、無料でホテル、食事、送迎が提供されるのですよ。

 

この情報に関しては、色々調べた結果、定かではなく不安だったのですが、本当に無料で、提供していただきました。(2018年12月1日現在)

既に成田空港の段階で職員さんがホテルの予約までして下さったのですけどね。

 

帰りの、ベルギー空港では、”この人はアディスアベバで長時間トランジットなので、ホテルの手配等をしてあげてください”という、手紙だけでしたが。

 

f:id:anneneville:20181209152123j:plain

 

エチオピア人はとても親切です。

外国人旅行者に親切なところはちょっと日本人に似ているかも。

運転手さんもホテルで働く人たち、厨房の人たち、トランジット客に慣れているようで、みな親切でした。

f:id:anneneville:20181209152620j:plain

 

ほらほら、その証拠にこのたんまりとした、昼食。

上に何故か食パンまで載っている!

 

”食べろ食べろ ”と言われ、奨められるがまま、なんてことない食パンにまで手を出してしまった、わたくし。。。(´・ω・`)

 

エチオピア食は、ピラフ、パスタ、牛肉のシチュウ的なもの、どれも美味しかったです。

 

どこに行っても飯が美味いって、ほんと、良いなあ~~、と思いました。

 

やたらパスタがあるな、と思ったら、一時イタリアが占領していたということで、パスタ料理が普及したようです。なるほど。

 

で、イタリア人のあのエスプレッソの習慣は、エチオピアからぶん盗って来たのかな!?と推測しました。

エチオピアのコーヒーは噂にたがわず、本気で美味しかったのですから。

 

今まで自分が飲んでいた、コーヒーと呼ばれた飲み物は、一体何だったのか、はて?と思ってしまいました。(゜_゜)

 

f:id:anneneville:20181209154105j:plain

 

ホテルの付近をちょっと歩きましたが、ちょっとした観光客相手の店があるようでしたが、いやあ、女一人で歩くところではありません!!

 

”チョン、チョン” ”チャイナチャイナ”など、とにかく一歩歩くごとに全員に注目されている的な気分を味わいました。

いままでそういう国に行ったことがなかったもので、大きな衝撃でした。

 

決して嫌な感じではないけれど、アジア人の女1人で歩く所ではないのだな、とだけはよくわかりました。(^-^;

 

かなりビビッていたので、写真とかあまりありません。。。。

 

ちなみにエチオピアでは今、中国の手が大きく入っていて、建設やインフラの工事を一気に引き受けています。

空港では大きく目立つ、中国文字に中国人。中国人の空港職員。

 

そんなこと、この地に入国するまで、露ほどもしりませんでした。。。_(._.)_

 

そんなこんなで深夜01時過ぎにヨーロッパへ向けて再びエチオピアエアラインの搭乗開始。

途中、1時間だけウイーンでトランジット。

 

その時失敗をやらかしました。

ま、大したことではないのですけれど。

 

仁川と同じように一度降りて手荷物検査とか受けると思い込んでいたわたしは、まっすぐに機内をおりて、ウイーン空港に降り立ちました。

 

出発ゲート付近には自分しかいない様子に、どうやら気付き始め、隣の出発ゲートで検査中の職員さんに尋ねてみると、どうやら機内待機で良かったとのこと。

 

ボディチェックや手荷物検査を受け、問題なく隣ゲートから搭乗させてもらえましたが、飛行機に乗るまではオフィサーの付き添いが必須で1人で歩かせてはもらえませんでした。

 

そんなこんなでやっと目的地のベルギー空港に朝9時前には到着しましたが、なんと今度は、ロストバゲージ!!

 

どうやら目的地のBRを、なんとブラジルのBRと間違われ、わたくしのスーツケースはブラジルまで旅行させてもらったようです。。。(*_*)

 

でも、正直、出発前に、着替え等でふくらんだスーツケースのことを、”いやだな~~重いな~~、誰か運んでくれないかな~~”と、チラっと思ったことは思ったのです。

 

ロストバゲージなんて、もしあっちゃったりしたら。。。。なんてチラっと思ったのは本当です。

 

しかしまさか本当にこんな事が現実に起こるとは、さすがに驚きでした。(*_*)

 

なので手ぶら(アディスアベバ用の小さい旅行バッグだけ持っていましたが)で友人の家まで行けたことはラッキーなのか、なんなのか。。。。

 

重い荷物はどっちにしろ苦痛なので、ほんと、良かったです。

 

重いスーツケース引きずっての電車移動は毎度の煩いの種ですから。

 

めでたし、めでたし。

 

長いお話、読んでくださった方、お疲れ様でございました。

 

 

 

 

一人旅苦手なわたしがまたまた。。。(^-^;

f:id:anneneville:20181126173140j:plain


ただの近況報告なんです。(^-^;


皆さまの記事も読めていない状態ですが、申し訳ない、生きてます報告日記です。(^-^;


一番上に上げた写真は、フランス南西部アキテーヌ地域圏に位置する、ビアリッツという町。


フランスでも有数のビーチリゾート地だそうです。


ビーチリゾートって、わたしの人生にはほぼほぼ登場しないんですけど(^^;  

一人ぽっちで、何処行って良いか分からなかったわたしに、ホテルレセプションの優しい女性、タイスさんという方から薦められました。


f:id:anneneville:20181126174139j:plain


ビーチ真ん前の温水プールの入り口を陣取りホームレスさんとその犬たち。


季節関係なく、海はいいです。


心が開かれます。


f:id:anneneville:20181126181019j:plain


ワンコさんの為のウンチバッグも備え付け。



ちょうどわたしがバスから降り立った時間は、09:15とまだ朝早く、人もまばらで、純粋に海とわたしだけの時間を感じる事が出来ました。


f:id:anneneville:20181126181932j:plain


今回は特に1人旅の寂しさ、心もとなさ、体力低下、ビシバシ感じました。


今晩バスでブリュッセルに戻ります。(*´ω`*) 

やっと安心出来ます。


それまでこの土砂降りの雨の中、どうやって過ごそうか。。。


雨の多い地域なのだそう。

ま、そのおかげで、自然もイキイキ!


美術館とかあまり行きたくないし、バーガーキングとかかな。。。

あまりに侘しいかな。。。ww 


実は、日本の普通のご飯が食べたいので、明日はお友達の家なので、野菜とか買って、クリームシチューと、イタリア米炊いて食べようと考えてます(^^)


それではこれで終わります。

皆さまもお健やかに。👋










これは感情労働か神経労働か!?ベビーシッターやってみました(>人<;)

 

f:id:anneneville:20181108072113j:plain

ハスの美味しい季節になってきましたね。(^^)/

 

かなり書き上げたところで、またまた何故か全部消えてしまい、今必死で二度書きしております。


一度書いた記事を何か不運や不注意な事故で消えて、消してしまった場合、みなさまどうやって復元しているのですか!?


わたしは術もなく、こうやって原始的にただただ二度書きするのみ、(>_<)という老いた人間です。

 

そうそう、タイトルに関する内容ですが、ちゃんとした仕事!をみつける前のモラトリアム期間として、新しい仕事をみつけてきました。


軽い気持ちで始めたのが、ベビーシッターなのですが、いや、これが、大変なの何のって、もうもう大変です。

いやあ、当たり前ですよね、人様の子供の命を預かる訳ですから、そりゃもう大変ですよ。

 

実は、かなり若かりし頃、ちょっとだけベビーシッターをお小遣い稼ぎというか、生活費の足しにやったことがあったのですが、その時は楽勝!でした。

今考えると、何故楽勝だったのか、わからないのですが、きっともう30年近くも前だったし、若かったし、世の中なめてたし、あと時代ももっとゆるかったのでしょうね。

 

お子さんの面倒みたり送迎するのって、ほんと、気や神経を遣いますよね。

子供は飛び出す、飛び跳ねる、一瞬たりともじっとしていない、いやあ、目も神経も離せませんよ。

 

というのも、この長い自分の人生において、子供と関わるということが、ほどんどなかったので、子供に慣れていないということも大いに、大変だと感じることに起因しているとは思います。

 

子供は一瞬たりともじっとしていない!

確かにこういう瞬間にはほとんど係わってきたことがありませんでした。

 

とても単純に、子育て中のお母さんとか親御さんって、本当に大変なのだなあ。。。と、実感中です。あと、もちろん保育士さんとかね。

 

そして自分もこの体験から、きっとわたしは元々体力もないし、子育てや家庭を運営する能力など持ち合わせて生まれて来なかったに決まっている!とも、更に確信を深めたのでありました。

 

それについては、以前、nenesanという方の記事を読んで、えらく共感してしまいましたので、言及させてもらいます。

nenesan0102.hatenablog.com

 

あまりに疲弊してしまったので、四谷PAULの日曜モーニングバフェに行ってきました。

 f:id:anneneville:20181108084734j:plain

 

 まあ、盛り方はアレですけど。。。(^^;

 

こちらの日曜モーニング限定のバフェ、もう何年も前からずっと行きたかったバフェ、ついに決行してきました。

わたしの家から行くと、始発にでも乗らなければ無理!という時間から開始ですから。

 

日曜日 08:00から10:00までの時間で、2000円(税別)です。

ちょっとお高めですが、バイキング、バフェ好きは、行く価値のあるバフェでございますよ、みなさま!

www.pasconet.co.jp

 

どうやら、お店は赤字覚悟でやってくださっているようですからね。

 

 

PAULのパン、というかクロワッサンが大好きです!

と、言ってもほとんど買えませんけど。行動範囲にもお店ありませんしね。(*_*;

 

あと、ベルギーなら色んなところでPAULはみます。

自分の国と同じものみつけて、ちょっとホッとする感じでしょうか(^-^;

本場フランスではどうでしょうかね。いや、見た気もします。

 

あ、最初のお題にここで戻ります。

ベビーシッターは工場や倉庫でのハケンよりは、時給がちょこっとだけよくて、ちゃんと交通費がつきます。

なので、わたしのように、不謹慎にもわりの良いバイト的な気分で始めると、”もう、ダメ(>_<) 神経がもたない~~!”と、大変なことになるということがようく、わかりました。

 

そりゃあ、子供そのものは可愛いとは、思います。

懐いてくれたりしたら、そりゃあね。

 

でも、それとこれとは、別ですよね。仕事ですから。お金もらってますから。

人様の子供の命預かってますから。

 

なので、あっという間に疲弊してしまったわたしは、これからは、もっとスロウペースで、ゆっくりゆっくりヘルプできたら、良いな、ぐらいに思っております。


子育て中の、共働きカップルもとても大変だと思います。


日本中、ギスギスして疲れているのもうなづけますね。(-.-;)

 

f:id:anneneville:20181108091145j:plain

 

雑な写真ですが、最近スムージーばかり作ってます。

 

苦手な野菜もス~~イスイ、ゴクゴクと、美味しく摂取できるので、なんだかやみつきですよ。


野菜、きっと自分のからだが必要としているから、スイスイと摂取できてしまうのでしょうね。

 

わたしは豆を茹でておいて、野菜、豆、酢、などと色々手を加えて、自分なりの美味しさを追求しております。(^^)


もっとさっくりと短い文章にしたかったのに( ´Д`)


これで終わります。

ありがとうございました。