anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

もう今年の半分が終わろうとしていますよ ('_')

久々の更新です。(^^;

 

コンテンツ

 

はてな友さんに会いました。

☆”非正規・シングル・女性” の会合に出てみました。

☆。。。。。いろいろ、ひとり言 (^^) 

 

はてな友さんに会いました。(^^)/

f:id:anneneville:20170626203347j:plain

 

 

いきなり写真を載せましたけど、実はお土産もらっちゃったんですよ。

はてな友さんのjennyさんにです。

 

”ありがとうございます。”

 

超手ぶらのわたくしめに、こんなに素晴らしいものを色々。。。

とても嬉しかったです。下さった気持ちも、もちろんですし、品物もなんだかこまごま可愛く、嬉しいものばかり。他にもお豆とかいろいろあったのですっ(^^)/

 

www.jennyjp.win

 

珈琲をいただきまして、”自分で淹れる美味しい珈琲”というものに、切なる憧れを抱いているわたしは、ついに、ちょっとしたコーヒーを淹れる道具というものを買ってしまおうかと考えているのですよ。  (;^ω^) どうでしょうか。

 

なんとなく、いつかやってみたい、と思っていたことの一つであります。

雑な性格のわたくしには、けっこう難易度の高い、やってみたいことだとは思います。

(>_<)

 

自治体主催の”非正規・シングル・女性” の会合に出てみました。

 

この自治体主催の会合なんですが、わたくしの住んでいる地域で開催されるという事を偶然知り、急遽申し込んでみたら、すぐに了承が得られたので、出席してみました。

先週末のことでした。

 

なんとなく、どういう人たちが来るのか興味があったのす。

 

出席者は30名くらい、、、、だったと思います。

書くのにうろ覚えで 🙇 ごめんなさい。

 

出席条件として39歳からと、書かれてあったと思うのですが、実際は30代からのようでした。

なのでみたところ50代のわたしが一番の年長に思えました。(-ω-)

 

う~~ん、、、年齢層も自分よりもずっと若く、一人暮らしの人たちの割合もぐっと低かったので、(ほとんどの人たちは両親と同居)あまり自分の参考にはならなかったかな。。。という感想でした。

 

でも帰りには有志、自分を含め六名でロビーで残ってお喋りをして帰りました。

そのお喋りの内容は世間話や趣味とかではなくて、シングル女性・非正規として日ごろ抱えている鬱憤を思い切り語り合ったものでした。

 

ま、わたしの場合はシングル女性・非正規ということに対しての鬱憤、という事とはちょっと違うのですが、しかしそれについて、彼女らの意見は聞いてみたいという気持ちはありました。

なので、ちょっと自分は違った視点ですけれど、来月の会合も出席していろいろと聞いてきたいと思っています。

 

 ☆。。。。。いろいろ、ひとり言 (^^) 

f:id:anneneville:20170625231433j:plain

 

 あ~~そろそろ一年の半分が終わろうとしているのですね。

いつの間にか、夏至が終わっていたことに気づきましたよ。(*_*;

 

夏至って実は苦手なんです。冬至もイヤですね。

明るい昼間が長時間続くことは、のんびり布団のところで、もんのり過ごすことが好きなわたくしとしては、なんだか落ち着かない気持ちです。

 

明るいとなんとなく起きていなくてはいけないような気がしまして。。。。(-ω-)/

眠るのが大好きですから。

 

 

気が付いたらもう日が沈むのかい。。。と思い_| ̄|〇 がっくりと来る冬至もイヤですね~~~~~~(´-ω-`) なんか冬鬱っていうか。。。

 

☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁

最近ね、あの三船敏郎さんの映画が見たくって見たくって。

七人の侍とかね。(^^)/

f:id:anneneville:20170625234028j:plain

七人の侍”の菊千代役 

 

お若い方はご存じないと思いますけど、☝↑ こんな方です。

 

日本映画史上、いや世界の映画史上に残る、敗戦国日本という国の文化度の高さを戦勝国の欧米諸国に知らしめした偉大な役者さんでありました。

 

多分スターウォーズ関連の本読んでいて、toshiro mifuneの名前が出てきたから、わたしも思い出したと思うんですけど。

 

はたと気づいたら、三船氏が1997年に亡くなり早、20年に当たるのですよ、今年は。

思ったのですけど、三船敏郎氏の本国日本での評価は、映画先進国米国などと比べると、かなり低いような気がします。

それはないよう。。。。_| ̄|〇 と思います。(-ω-) 

 

☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁☁

 

今読んでます。(^^)/

  

風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波の愛蔵版 14A)

風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波の愛蔵版 14A)

 

 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの影響で”よまなきゃリスト”に早速入れられ、やっとこさ借りて来て読んでます。

 

メアリー・ポピンズ、めちゃイヤな人です。(^^;)

ディズニー映画のイメージとはこんなに原作では違うのかと。

 

誰もが知っているあの名作は、やはり読んでみる価値ありです。

 

それではまた。ごきげんよう。(^^)/