anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

風邪と赤毛のアン

 

みなさまこんにちは。(^-^)/

お元気でしょうか。

 

27日から風邪で寝込んでいて、28日は少し余裕が出て来て、気持ちがヒマだったので、よおつべで懐かしのアニメの赤毛のアンを"聞いて"いました。

 

そう、見るのは体も眼も疲れるのでずっと耳で味わっていました。

 

病気が少し良くなった時、調子に乗って何か行動したりすると更に悪くなるということを何度か体験していたもので。。。(>_<)ばか

 

体温計が何処に有るのか探せなかったので、何度かわかりませんが、そうとうな高熱だったと思います。

 

おでこや手が異様に熱くて、布団にくるまってガタガタ震えていたんだけれど、"そうだっ、あれにおすがりしよう!"と、ゴソゴソと段ボールの底から取り出したものはこれでした。

f:id:anneneville:20161229131559j:plain

パラセタモール入りのホットレモンです!

 

これには幾度か命を助けて貰っております。

大袈裟じゃなく、本当に!

 

あの高熱の時のなんとも心許ない気分と体。。。(>_<)

もっと若い時に、その状態で病院へ行ったことがあったけど、待合室に座って待っていたときの地獄のような辛さ。。。

 

結局、点滴受けて気管支炎と診断されて帰ってきたけど、あんなに苦しい状態で待合室に居るのは嫌だと、あれ以来高熱出ても病院へ行く事は有りませんでした。

 

このパラセタモール入りのホットレモンを初めてわたしにくれた人は、もう6年位前に働いていた場所で出会ったアイルランド女性ですが、本当にその時も、命を救ってくれたと思っています。

 

海外旅行へ行ったときは必ず、探して買うようにしていますが。

 

今まであまり、日本の市販薬が効いたこと無いんです。(*_*;

f:id:anneneville:20161229135522j:plain

 

そうそう、ご近所の野良猫さんたちですが、何匹もいるなか、一匹だけ種類?が違うらしい、でも色は同じという奴がいて、その一匹だけが人間の手触りが恋しいのか、けっこうわたしを嫌じゃなさそうです。

 

しっかり煮干しも握りしめて近寄っていきますけどね。(^-^;

 

その様子を目撃していた近所のおじさんが、"お~~、なかなか人になつかないのに、大したもんだね~~"と、お褒め(?)のお言葉をいただきました。

 ふふふ。。。実はわたしは宇宙人ですから。。。(>_<)

 

年の瀬ですよね。シェアハウスのお隣の女性は今朝早々に、ご実家へ向かわれました。

 

狭っ苦しいフルハウスで、折角の休暇を過ごしたくないんだろうな~~と思いました。

 

わたしは年始年末、このシェアハウスで過ごすのですけど。

 

独身でそれほど情熱傾けてない仕事とかしている人の生活って、本当に単調ですよね。

 

自分で日記書いていて、"なんて薄っぺらい人生なんだろう。。。"と、しみじみ思います。

 

がくっ。。。。

 

上のがくっ。。は、心が折れている音です。

 

年明けたら、故郷の父の様子を少し見に行ってきます。

雪が降っていて、そうとう過酷な場所なので、正直な話し、冬季は本当に行きたくないです。

 

 

あの人こそ野生の人で、管理されたケアハウスで生活するなんて、無理な人です。

 

かといって、あれほど雪や自然の厳しい場所に暮らすのも、かなり過酷です。

 

"さ迷える子羊をどうかお救いくださいませ。"

 

みなさま、

良い年の瀬をお迎えくださいね。