anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

鹿くんと連絡先交換して気持ち有頂天だけど、仕事最後の日だったの。

f:id:anneneville:20161203101854j:plain

まさに、タイトルまんまです。(^-^;

 

11月30日だったから、もうあれから3日経ちました。

 

もともとこのはてなblog始めたのが、自分より若過ぎる人、親子ほどもね歳若い人に、うっかり恋してしまいあれこれ悩んじゃって、こじらせてしまった為に、自分用セラピーとしてダイアリーを書き始めたのです。💦

 

その苦しい思いは、誰にも見せない手書き日記よりも、"誰か"に読んで貰って、心の整理したいと思ったのですよ。

 

最後の日初めて"お茶"しました。(^-^;

もう一人同年代の、"家族の愚痴よく言うヨガ好きな"さんも一緒でしたけど。

 

もちろん、わたしがお茶に誘ったのですけど、その時の鹿くんの返事の仕方が、良いな♪

 

3人でオフィスのエントランスを出て、このまま歩いて行けば、いつもの場所で普通に鹿くんとは、永久のお別れだろうと思ったので、

 

わたし: "よかったら近くでお茶でも飲んで いかない? 何か用事ある?"

 

鹿: "めちゃめちゃひまです。(’-’*)♪"

 

わたし:  ♪♪♪♪♪♪♪♪♪.:*:・'°☆

 

ということで近くのホテルに併設されているオシャレなカフェへ。

 

10ヶ月いたけど、職場の人と時間外におしゃべりしたのは初めてでした。

わたしの場合は、あえてでしたけど、鹿くんも初めてと、言ってました。

 

鹿くんは就活中で、お金ない、使えないことがオフィシャルで、わたしもその職場では、交際費とかの為だとしたら、ランチ代、お茶代は全く出す気持ちになりませんでしたから。

 

鹿くんと写真とか全然とらなかったな〜〜。(^-^;

 

あまりに嬉し過ぎて、陶然とした気持ちでした。

わたし別に年下男性可愛がったりとかそういう趣味ありませんから(^-^;  とかわざわざ言ったりすると、よけい怪しい感じですね。

 

第一鹿くんは、可愛いい人じゃありません。

 

そうそう、こんな恥ずかしい話をオープンにするのは、自分に言い聞かせる為なんです。(´-`)

 

鹿くんもあと二週間でその職場を去る予定になっていますが、ただの同僚同士の2人が職場を離れると、普通に考えて連絡取ったり、会ったり話したりする必然性なんて、どこにもない。

 

連絡先交換は、保険として、本当に自分の心の安定剤的な気持ちでしました。

 

これが、"はじまり"のLINE ID交換だったら、そんな素晴らしいことありませんよ。

 

 f:id:anneneville:20161203120639j:plain

 これが若い二人同志のID交換だったら、もちろんこれもまた違うでしょう、と思ったり。

 

鹿くん、結婚相手がいるようにはみえないけど、もしかしているのかな?という発言あったり、この人ストレートなの?とわからないような雰囲気醸し出してたり。。。

 

でもその日のお喋りでは、自分はストレート的な発言をしていました。

 

要は、わたしにとって鹿くんは、全く謎の人物に他なりません。(*_*)

 

あ、以前は鹿くんの事では恐ろしく落ち込んだりしてどうしようもない気持ちになった自分でしたが、最近はどういう訳か、大丈夫な自分になりました。

 

自分の心の有り方が変わったのか、鹿くんが変わったのか、何にも変わってないのか、それはわかりませんが。

鹿くんの事で過度に動揺することはなくなりました。。。と思ったら、お別れ。

 

人生とはそういうものか。

e la vita.  c'est la vie.  that's life.

 

人生とは、一期一会。鹿くんの事では後悔はないか!? と言われたら後悔ばかりです。

 

グズでコミュ力も女力も低い、年齢差ハンデ有りすぎのわたしの恋だったけど、わたしよお疲れ様、よくやったよ!  と舞台袖から薔薇の花束渡してあげたい気持ちです。

 

ものすごい低い確立でもし万が一、また鹿くんに会えるようなことがあったなら、"奇跡"

超絶"ミラクル"として、またこの場で発表しますね。(*^-^*)

 

Merry Christmas, あともう少し