読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

生まれ変わりたい

 

f:id:anneneville:20161116135344j:plain

何故かチャイナタウンの通りのお店にあった、ガネーシャ

 

〇先送りしていたことを、決行

前から先送りしていた、”今の勤め先を辞める”ということをもう、決行することにしました。

結局、わたしが辞めそびれているのは、鹿くんが原因です。

鹿くんとの仲もなんか、微妙な雰囲気が漂う中正直言って、狭い同じ空間で一日の大半を顔つき合わせて過ごすのは、とても辛い。

それでもその苦しさは、旅に出ている間は感じなくて済んでいた。

 

わたしは本当にその場にいる人の精神状態の影響というものを、とても受け易い。

 

nyaaat.hatenablog.com

 

 

シフト提出が回ってくると、ついつい流されてしまって居続けてしまったが、今年最後を迎えるにあたって、もう今月いっぱいをもってやめようと昨日決心。

 

大事なことを先延ばし、先延ばししている、ぐずな人の特徴顕著ですよね。

 

実は昨夜、趣味がタロット占いの姪っ子に占ってもらいました。

もちろん、気持ちは90%くらい固まっているのだけれど、誰かに何かに背中を押して欲しかったのです。

 

結果はやはり自分の気持ちを反映していてか、もう、すぐやめたほうが良い、という結果に。

もうこうなったら、自分を最大限に大切にすることを一番としよう。

 

生まれ変わりたいと思う。違う自分になりたい。

とにかく先延ばしにしていた、一番の課題をやっつけることにします。

 

〇少し父の様子を見に行ってくる。

父が一人で老齢の身で山奥に住んでいるのですよね。

 

この前怪我してしまって。もしかしたら命に係わる大事になっていた可能性が強いのだけれど、何故かわたしはその時父に電話していたのです。

はっきり言って、とっても難しい人物で、一緒に暮らすのは不可能。確執も大きい。

 

そんなこんなもあって、姉に様子見の電話してもらっているので、わたしはほどんど電話はしていなかったのです。もうわたしからは半年以上電話していなかったはず。

ところが、その怪我する事件の、多分直後くらいにわたしは父に電話していたのです。

 

なんとなくその時、”電話しなくちゃ”と思って。

 

電話では、”大丈夫だ、元気だ”としか言っておらず、”声の調子が変だな?”とは少し思ったけれど、大丈夫、元気の”言葉”を信じて、姉に電話してみたと一言メールで伝えてそのままに。

 

その直後に宅配便の方が父の元に訪れて、怪我して出血している父を発見。

その後は病院に運ばれ、親族の人が面倒をみてくれました。

 

だいぶ調子は良くなったようだけれど、少し様子見にゆくことにします。

姉も行くのですが、わたしはその後に。

 

すごく寒いところなんです。はっきり行って訪ねてゆくのは、相当なエネルギーを要します。

 

〇生まれ変わりたい

来月からシェアハウスで暮らします。

経済的には問題が多いので、困ってはいますが、それでも別な意味で嬉しいです。

誰かに煩い口出しされなくてもうよいのだ、と。ま、シェアハウスは、複数人が住んでいるので、またそれはそれなんでしょうけど。(^^;

 

ひとまず引っ越しして、環境変えて、暮らします。

 

わたしの敬愛するblog主、坂爪圭吾さんの仰る、多拠点生活ってのも良いと思ってました。

ibaya.hatenablog.com

 

 

鹿くんとは最初はとても仲良かった。最初、新しい友情が生まれたことに、小さな喜びでわたしは満ち溢れていました。

あの頃は良かった~~(*^-^*)に、なっちゃうね。

 

いまのこのみじめな状態。。。。

 

生まれ変わって、新しい自分になりたい。

このうつうつとしたみじめな状態から抜けだしたい。

どうしたら、いきいきとした人生が送れるのだろう。

魂が喜ぶことをして生きてゆくのが、わたしののぞみです。

 

具体的には、いったいどうしたら?