anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

神様、幸福物質が湧いてくるようにしたいのです!

 

 

f:id:anneneville:20161029201043j:plain

もうそろそろクリスマス準備したいですね~~(^^)/

 

またまた中途半端なインターバルの後に書いてます。

読んでくださっている方々、お久しぶりです。

 

実はここのところずっと、自分の中に湧いてくる、超ネガティブ物質に苦しめられておりました。

 

簡単にいうと、それは”嫉妬”です。

 

嫉妬、それは自分を苦しめ、自分の好きな人を自分から遠ざけ、百害あって一利なしであり、自分を不幸に陥れようとする、やる気満々な黒い使者です。

 

そのやる気満々な使者”黒いムッシュゥ”に、完全にわたしは陥れられてしまいました。

赤子の手をひねるが如く簡単だったのですよ、わたしをジェラシーの虜にすることは。

 

今更いくら後悔しても始まりません。。。。

ジェラシーの虜になっていたわたしから発せられる、”ネガティブ物質”を感じた”鹿”くんは、わたしから距離をかなり置いたように感じます。

 

こういう推測って、とても当たるのです。悲しいことに。

 

黒いムッシュウよ、今のわたしなら、言える。

もう、わたしおまえなんかの自由にはならない。どんなにおまえがわたしを、嫉妬によってわたしを醜く恐ろしい姿に変えようと、あの手この手を使ったとしても、わたしにはもう、その手は通用しないよ。

 

別に鹿くんの心を取り戻したからとか、もう彼には興味はないから、とかそんな理由ではない。実際にはそのどちらの事も起こってはいないし。

 

ただ単に、わたしは決めたの。

わたしの心はわたしが決める。見も知らない”何処の誰か、黒いムッシュウ”なんかの手によって、やすやすと、わたしの心を自由になんかさせはしない!と。

 

今更もう、既に色んなことが遅いのですけどね。(´-ω-`)。。。。

鹿くんには、ドン引きされたし。。。

 

それでも、自分の心の自由を取り戻した安心感は強い。

自分の心を、なんの正体もないわからない存在に浸食されるほど、怖いものはないという経験を味わい、そしてその正体をついに解き明かしたから。

 

は~~~。。。。ずっと苦しかった。

 

これからはその分、生きるぞ~~(^_-)-☆という気持ちがひしひしと湧いたわたしでした。

 

何故わたしは、あんな存在に浸食されたのだろうか。

叶わぬ恋で不安定で脆弱になっていた心が、何か怪しげな存在たちに気づかれ、目をつけられ、狙われたのだろうか。

 

なんかイメージとしては、シェイクスピアマクベスに出てくる、三人の魔女たちのような感じかな~。

 

”きれいは汚い”

”汚いはきれい”

この意味、さっぱりわかりませんけどね。(^^;

 

マクベスですが、実は告白しますが、ちゃんと原作を読んだことがありません。(^^;

けれどもこの話は妙に惹かれるものがあります。

どこにどう惹かれているのか、きっといつか言語化したいと思ってます。

 

あぶない、あぶない。

わたしはふと油断をすると、色んなものが意図せず、入り込んでくる。

わたしは色んなものの影響をとても受けやすい。

 

ネガティブ物質ではなく、

神様、願わくば、幸福物質が湧いてくるわたしでありますように。

そうして周りの人たちを、ほんのちょっと幸せにしてあげられたらな。。。なんて。