anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

絶滅危惧種の恋

f:id:anneneville:20161011194127j:plain

パディントン展 確かLondon Museum  2015

 

はいはい、またまた、もやもや片思い日記です。

 

思わずも、親子ほども歳の違う若者に切な~い片思いをするはめになってしまった自分を、応援する、いや、というよりそんな自分をそっと抱きしめるように慰める日記をつけています。

 

何故そんな日記をつけるって?そりゃあ、書いていると心が落ち着いてくるからですね。

 

今日は、スイカ飴好きだって言っていた、”奈良公園の迷い鹿”くんにスイカメントスあげました。

以前、イスラエルへ行って来たときに、なんとなくお土産に買ったものがお家にまだ残っていたので。(^^;

わたしは全く手も付けず、なんとなく置いておいたものなんですけどね。(^^;

お昼休みに彼が行くときに呼び止めてあげたんですけど、お昼休みから帰って来て、わたしの顔見ると、

 

鹿:”ま~~ずい!、ちょっとこれやばいよ~~”

私:”え´´っ??ひどい!いきなり不味いっどういうこと??”(*_*)

わたし、不意に不味いと言われて、かなりあせるっ。

 

鹿:”ちょ~~と、これ不味いですよ~。○○さん、これ食べてみま         す?”と言って、わたしの隣の席の”ご夫婦でテニスを楽しむスポーツウーマン”さんにわたしの上げたメントスを一粒差し出した。

鹿:”まずこの色が~~~っ”

確かにスイカ色をしている丸い粒である。

 

”ご夫婦でテニスを楽しむスポーツウーマン”さんは、

”え?不味い、、、あらそうかしら?ちゃんとスイカの味するわよね~~”と、不味い不味い発言の”奈良公園の迷い鹿”くんにちょっと当惑気味。。。(^^;

わたしも一粒もらってもかもか嚙んでみる。

ほんとにスイカの味だ。まあまあイケるじゃん。

 

わたし:”え。。。そんないやなんだったら、別にわたしが食べるからいいよ。。。”と、かなりショック受けた様子で、メントスを返してもらおうと手を差し出そうとする。

 

鹿:”いや~これやばいですよ~。俺は好きですけど、ちょっと他の人には進められないな~って。”

 

なんだ、それを早く言えよ。真剣にわたしは焦ったんだよ。(*_*;

 

わたし:”だいたいね~、これはちゃんと現地で買って来たんだから。百円ショップとかで買ったわけじゃないんだからね~ぷんぷんヽ(`Д´)ノ”

鹿:”百円ショップの方がぜ~~んぜん良いですよ~”

一体どういう基準なんだ~こいつは~きィ~っ(>_<)

 

不味い不味いと豪語していたけど、結局気に入ってたみたいだった。(;^ω^) 思わず内心ほっとしたわたしでした。

 

鹿くんの喜ぶ顔みれるなら、と思ってミントタブレットとかあげるんだけど。

 

わたしって所謂、”恋する乙女”と、言うんだな。(ちょっと自虐はいってます。不本意だけど。)

いまどきいない絶滅危惧種。天然記念物。

少しは大切にしてもらいたい、と思うが。。。ま、無理な相談www

 

こういう行為って(ミントあげたり)、男のナルシズムを増長させるだけかも、とわかっていても、鹿くんの喜ぶ顔みると、そんなことどうでも良くなるよ。

 

絶滅危惧種のわたしは、さて、どんなふうに絶滅するのやら。。。

 

 本当は、鹿くんを恋する事を今すぐ止められたらどんなに楽だろうと思う。

 

こんなグズな片想い、自分の事をばかばかばかって思う。

 

本当は鹿くんともっと話したい。

鹿くんの事をもっと知りたいと思っているのに。

 

鹿くんは、あるところまで来ると、ドアを閉めるように、私を遮ります。

 

わたしの入れるところは、そこまでで、それから先へは一歩たりとも踏み出させてはくれません。

 

わかっているのに。

わかっているのに。

 

鹿くんを恋する事を止められないのは、私の弱さなのかな?

 

締め出されるのをわかっている私は、それならばせめてもと、遠くからおずおずと、掌にミントタブレットを載せて、差し出すだけです。

 

取り敢えず明日も人生は続くよ。☆彡 やっほ~