読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

a ship called dignity

f:id:anneneville:20161001214522j:plain

samwannamaker playhouse @globe theatre 2015 winter

演劇の神様が宿る美しい空間

 

こんにちは。( ^^)

わたしは今、とても人生に行き詰っております。(^^;

 

そもそもこの日記書くようになったのは、自分の魂の叫びを誰かに伝えたかったからなんです。

かなりプライベートなことをえんえんと書き連ねたりしておりますが、書くことに依って自分の苦しみや悲しみをセラピーし、昇華したいという思いからなんです。

 

普通にペンで紙の日記帳に日々起こったことや、自分の気持ちを綴っていたのですが、どうしてもそれでは自分がノラない、のですよ。

 

承認欲求というのとも違うと思うのですが、自分以外に誰も知ることはない苦しみや悩み、それから喜びというものは、なんというか浮かばれないのですよ。

わたしの気持ちはこんなところに蓋をされ、閉じ込められたまま、沈黙を守らなくてはならない。

”こんな狭い処はいや、お願いここからわたしを出して”と、わたしの感情たちが大きな声で叫び主張している。

 

わたしは自分の感情たちを解放してやりたい。自由にしてやりたい。置いてきぼりにされた感情たちの間に風を通してあげたい。

 

なんとか文章にすると、そんな気持ちからなのです。

わたしがブログを始めたのは。

 

わたし、50代にも突入し、思い切り人生を迷走中です。

誰も持ち手のいない風船のような、波間に漂う浮きのような。

 

はたと気付けば、古代から時が止まったようなアイルランドの目も眩むような断崖絶壁に佇んでいる自分がいます。前にも後ろにも進めません。

 

いままで、無難に無難に、自分が傷つかないように安全圏ばかりで遊んでいたせいで、こんな今の自分になってしまったのでしょうか。

 

書物や知り合った人、旅に出たりして答えを求めようとしても、未だ何もみつからない、わからないままのわたしです。ただ年月は過ぎてゆくばかりで。

 

50代に突入してからの、人生へのチャレンジはしんどいです。恥ずかしいです。

 

でも決めました。

”生きるとは、間違うこと。”

この言葉はお気に入りのブロガーさんの言葉の中からみつけました。

そしてその言葉を見つけた時、わたしは”これだっ”と思いました。

 

わたし別にマゾじゃないです。

無理してしんどいことやろうとしているMではありません。

 

でも自分は”今を生きる”ために、これから色々なことにチャレンジしなくてはいけないのです。(;^ω^)

 

いままでなら、”う~~ん、億劫だな~”とか、”かなり勇気いるな~~”(^^;とか思うことを行動に移さなくてはいけないのです。

 

とにかく、いままでは恐れてやらなかったことを一つ一つ行動に移さなくてはならなくなったのです。あ~~しんどい。

 

そして散々恥かいて間違って、何か答えがみつかるなんて保障なんてどこにもない!   それでも ”やるのです” と、言われている気がするのですよ。

f:id:anneneville:20161001222113j:plain

christopher marllow

シェイクスピアと同時代の鬼才、劇作家

 

何が、どんなしんどい、恥ずかしくめちゃくちゃで素晴らしいことがわたしを待ち受けているのかは全く未知ですが、わたしは一人、人生の旅を再び装備整えて船出します。

船の名は”dignity”。


27-DEACON BLUE - Dignity (US Version) (1988)