anneneville’s diary

生きることはlost&foundの連続? 今はlost,lost,lostだけどきっと何か見つかる!っていう実験中です。ヤッホー(^-^)/

今は泣いているれど、やっぱり笑う方を選ぶ。

 

f:id:anneneville:20160924132825j:plain

London 2015 winter

 

お昼前に隣家の犬散歩に出かけようとして着替えて外にでたら、また雨。

一体この地域はどうなっているの?*1

この季節にこれだけ雨が降るなんて、かなり異常事態な気がします。てか、太陽のない毎日はしんどいです。。。。

神様どうか、わたしたちに太陽をお恵みください。

 

というわけで、昨日は書けないで眠ってしまったから日記書きます。

昨夜から坂爪圭吾さんの過去記事をずっと読んでいた。

私の内側で言語化されずにずっと沈殿されていた考えや行動が溢れまくっていた。

しかししかし、彼の言っていることは私以上、大以上。

とても年若い彼が堂々と、広く世間に発信しているのを見て、それは私の内側にはなかった。

今の私は世間全体にではなく、自分自身へ発信するだけで精一杯かな。

そのうちもしかしたら、もっと発信したい!に変わってくるのかもしれないけど。ううん、本当は発信したいけど、恐れている。

 

最近の私を心配した友達が昨夜、丁寧なメッセージをくれました。

その中で、”何の根拠がなくても「希望」を持っていたい”っていう一言。

 

今、目の前には鬱蒼とした暗がりの道と、うっすらと、本当にうっすらとだけれど、光の射す道が見えるような気がします。

光の射す道へ少しずつだけれど歩いてゆくことにした。

私はすぐに笑顔を作るのは下手だけれど、やっぱり笑う方を選ぶことにする。

丁寧に書いてくれた友達、A子ちゃんに感謝だ。(*^-^*)

 

なんとかここで本当の自分を取り戻さなくっちゃ。

わたしの行動の基本はずっと”恐怖”だったと思う。

けれどこれからはその”恐怖”を払拭する生き方をしないと、私はいつまでも”死んだまま”生きてゆくことになってしまう。

私は歳をとっているし、これから希望に溢れた人生が待っているわけではないのかもしれないけれど、でもやっぱり、最後の何年か何日であったとしても、”自分は生きた”と思って死にたい。

 

私には死んだまま生きている余裕など、本当はない。

日々起こる小さな出会いや感動に正直に反応する。

自分を殺して生きることに慣れ切ってしまっている自分には難しく感じるけれど、今から下手くそでもちゃんと生きていかなくっちゃ。

 わたしが一番恐れていること、それは”生きながらに死ぬこと”です。

 

*1:+_+